2023年春『JRダイヤ改正』まとめ

2023年春『JRダイヤ改正』まとめ

本日発表があった、JR各社のダイヤ改正。

昨年と同じように鉄道趣味的な見地から車両運用の変更や廃止・撤退関係を中心にざっくりとまとめました。

(順次更新しています)

 

大きな動き一覧

具体的な動き対象車両
JR西日本おおさか東線の大阪駅乗入れ
JR淡路停車
大阪駅地下ホームの開業
梅田貨物線の地下化
221系、281系など
JR西日本新快速Aシートの新製投入225系(2ドア)
JR西日本奈良線複線化221系
JR東海HC85系「ひだ」、全列車をHC85系へ統一
HC85系、大阪駅へ乗り入れ
入:HC85系
出:キハ85系
JR東日本高崎線特急にE257系を投入
特急「草津」の名前を「草津・四万」に変更
入:E257系
出:651系
JR東日本北陸・上越新幹線のE7系統一、E2系撤退入:E7系
出:E2系
JR東日本柏駅に特急「ときわ」の全列車停車
JR東日本横須賀線へE235系(スカレンジ)を追加投入
快速アクティー運転廃止
E235系
JR北海道737系の室蘭線投入(5/20~)入:737系
出:キハ143系・H100形
JR北海道オホーツク・大雪にキハ283系を投入
富良野線にH100形を投入
入:キハ283系
出:キハ183系
JR北海道留萌線 石狩沼田~留萌間廃止
JR東日本幕張豊砂駅、前潟駅の開業

 

JR西日本

【近畿統括本部】
おおさか東線の大阪駅乗入れ
・大阪駅地下ホーム開業
・くろしお、はるかの大阪駅停車
・奈良線複線化
・新快速「Aシート」を2往復→6往復へ増発、2ドアの225系新製投入

【金沢支社】
・北陸新幹線の2分速達化
・朝ラッシュ時、越中八尾発富山行き列車を増発

【中国統括本部(旧広島支社・岡山支社)】
・スーパーおき、マリンライナーの接続改善
・「はまかぜ」2,5号の運転区間短縮(2号は鳥取→城崎温泉始発、5号は鳥取行き→豊岡行きへ)
・宇野線茶屋町~宇野間、11・13時台の運行が消滅

おおさか東線の大阪駅乗り入れは既報通りですので、上記リンクからどうぞ。

出典:西日本旅客鉄道「2023 年 3 月 18 日(土)ダイヤ改正について」

今回最も注目なのは、新快速Aシートの「225系新製投入」でしょう。

イメージリリースを見る限りでは、2ドアの225系として竣工するようです。ドアも片扉ですね…?京阪特急かな???

京阪間輸送では先日、2ドア車両であった阪急6300系が現役から退きましたが、まさかJRから思わぬ形でまた2ドア列車が京阪間輸送に爆誕することになろうとは……

新製投入本数は2編成です。

また、長らく奈良線のJR藤森~宇治、新田~城陽、および山城多賀~玉水間で行われていた複線化工事がようやく完了し、都~城陽間が複線化されます。

この工事で対向列車の待ち合わせが解消することで、「みやこ路快速」の5分速達化や増発が行われます。

 

関連記事:
おおさか東線が新しい大阪駅に乗入れ!直通快速は淡路に停車へ

参考文献:
西日本旅客鉄道株式会社「2023年春のダイヤ改正について

 

 

JR東海

【東海道新幹線】
・N700S系の追加投入

【在来線】
・「ひだ」の定期列車をHC85系に統一、キハ85系は撤退へ
・HC85系、大阪駅乗入れ
大阪⇔高山直通のひだ25号および36号が、HC85系運用になります。

今回最も大きな話題といえそうなのは「HC85系の投入とひだ統一」、「HC85系の大阪駅乗り入れ」でしょう。

従来「ひだ」を走ってきたキハ85系の運用は、残り「南紀」のみとなります。

 

一方、北近畿タンゴ鉄道では「2両1編成の中古(ディーゼル)車両を導入」する方針であることがリークされていますが、キハ85系の導入が有力視されています。

今回はっきりと離脱時期が出たことで、より一層信憑性が高まりつつあります。

 

関連記事:
【丹鉄】2両1編成の中古車両導入を発表。KTR001の置換?

参考文献:
東海旅客鉄道株式会社「2023年3月ダイヤ改正について

 

JR東日本

【新幹線】
・上越新幹線、北陸新幹線の全車E7系統一、E2系は撤退

【在来線】
・高崎線特急にE257系を投入、651系の撤退開始
・特急「草津」の名前を「草津・四万」に変更
・横須賀線へE235系(スカレンジ)を追加投入
・快速アクティー運転廃止

1日夜間2本だけと風前の灯火となっていた快速アクティーですが、今改正でついに廃止されることになりました。

東京19:48発のアクティーは上野始発の普通列車(E231系/E233系)に置き換わり、20:48発のアクティーは運転終了となります。

1989年に設定され、30年近くにわたって運行を続けてきた快速アクティー。

二階建て車両である215系の印象が強い電車でしたが既に全廃となっており、現在はE231系で運行されています。

 

参考文献:
東日本旅客鉄道株式会社「2023年3月ダイヤ改正について

 

JR九州

・新大阪行き始発の「みずほ600号」が現行より25分繰り上げ
・停車駅の多いタイプの「ソニック」が赤間駅に全停車
・熊本地区の終電繰り上げ(10分~15分)

鹿児島中央発の「みずほ600号」は現在、鹿児島中央を7時に発車していますがこれを6:35発に繰り上げ

新大阪到着が10時21分になります。

 

参考文献:
九州旅客鉄道株式会社「2023 年春ダイヤ改正

 

JR四国

・岡山駅での接続改善による新幹線での大阪・東京への時間の短縮

…これだけ……?えっ…?

 

参考文献:
四国旅客鉄道株式会社「2023年3月一部ダイヤ改正について

 

JR北海道

737系の室蘭線投入(5/20~)、キハ143系とH100形を置き換え
・H100形を富良野線に投入、全列車を置き換え
・特急「オホーツク・大雪」をキハ283系で運行、キハ183系の撤退
・北海道ボールパークFビレッジの開業に合わせ、北広島~札幌間に臨時列車を増発
・快速「エアポート」の運転取りやめ解除
・留萌線 石狩沼田~留萌間廃止

西日本・東日本に続いて動きが大きかったのが北海道新製される737系を室蘭線へ投入します。

室蘭線は長らく電化路線でありながらディーゼル車両が走っていましたが、今回ようやく本領を発揮できることになりそうですね。

玉突きとなるH100形は富良野線へ転属…かと思いきや、3月時点でH100形になるので別路線へ移動になると思われます。

また、留萌線の石狩沼田~留萌間が廃止となります。

 

関連記事:
【速報】JR北海道、新型電車「737系」を発表

 

参考文献:
北海道旅客鉄道「2023年3⽉ダイヤ改正について

 

JR貨物

・EF210形を15両、DD200形を3両増備
・コンテナ4000個を増備(20D、20G、V19C)

参考文献:
日本貨物鉄道株式会社「2023年3月時刻改正 新しい貨物鉄道輸送サービスのご案内 

 

 

他にもこんな動きがあるよ…!」というのがありましたら、是非twitterなどでご教示頂けると幸いです

 

関連リンク

 

2022年春『JRダイヤ改正』まとめ

【まとめ】2021年春『JRダイヤ改正』における車両の動き

4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
4月25日(木)
4月26日(金)



JR西日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO