【JR西日本】223系、原型車が消滅へ

【JR西日本】223系、原型車が消滅へ

2024年7月9日、阪和線や関空快速などで用いられる223系0番代車両最後の原型車となる、HE414編成が吹田総合車両所へ入場したようです。

HE414編成の工事完了をもって、223系0番代は全ての車両が更新化改造され、原型車両が消滅することになります。

勘違いしやすいのですが、223系は0番代は主に「関空快速」で用いられる車両、1000番代・2000番代が「新快速」に用いられる車両です。

 

 

223系0番代車両は、丸目ライトが印象的な車両ですね。

JR西日本の黎明期である1994年に登場した車両で、近郊型車として先に登場していた221系をベースに、207系で用いられたステンレスボディを採用。

後に一大ファミリーを築いた、223系シリーズの嚆矢となる車両です。

この車両をベースに、新快速や丹波路快速、快速「マリンライナー」や果てはキハ127形なども生まれていきました。

2018年から、経年25年が経過したことで更新工事を実施。基本的な顔つきは変わらないものの、

・種別幕、行先がフルカラーLED化
・ヘッドライトとフォグランプが狭い枠内に2灯入れられている
・独立して配置されていたテールランプがなくなる
・VVVFはIGBTに変更

など、細部に変更点が見られます。

今回吹田へ入場したHE414編成も、同様の工事を経て返ってくることでしょう。

 

関連リンク

【鉄道都市伝説】223系の愛称は「コンドルライナー」?

221系、JR京都・神戸線の直通運転から撤退へ

223系2500番台(元日根野車)、R51/52編成として誕生…嵯峨野線へ転属?

参考文献

ま ー る ん る んさんのポスト

今週の鉄道イベント情報

7月4日(木)
7月5日(金)
7月6日(土)
7月7日(日)
7月8日(月)
7月9日(火)
7月10日(水)
7月11日(木)
7月12日(金)
7月13日(土)
7月14日(日)



JR西日本カテゴリの最新記事