三井不動産「ららぽーと堺」の工事状況を見てきました【2022年11月開業】

三井不動産「ららぽーと堺」の工事状況を見てきました【2022年11月開業】

現在堺市美原区において、三井不動産のショッピングセンター「ららぽーと堺」が建設中です。

施設は2022年11月に開業予定となっており、現在急ピッチで工事が進んでいます。

そんなららぽーと堺の現状を見てきました。

 

建築概要

現地は南阪奈道路と国道309号線がクロスする下黒山交差点近く。

ちょうど美原区役所の向かいになります。

リリースによると、220店舗が店内に並ぶ予定です。

所在地:堺市美原区黒山22番1、他106筆
建築物の用途:商業施設及び附属駐車(物販、飲食店舗等)
高さ:30.5m
階数:地上4階
構造:鉄骨造
敷地面積:80,932.1㎡
建築面積:45,220㎡
延べ面積:174,245㎡
棟数:4棟
開発者:三井不動産株式会社
設計者:株式会社石本建築事務所
工事着工予定:2020年10月1日

 

行政的には「(仮称)堺市美原区黒山東計画新築工事」となっています。

 

現地の様子

建物全景。国道309号線側からの様子です。

本館の建物工事はほぼ完了しており、現在は駐車場棟の建設が進んでいます。

 

出典:インプレスWatch 2)

完成イメージリリースと同位置から。駐車場棟へのアクセス通路?のようなものが見えます。

手前は緑化通路になるのですねぇ。

ららぽーと堺の裏側にはビバホームが運営するビバモールも一足先に完成しており、黒山地域の再開発が一気に進んでいます。

 

 

駐車場棟

駐車場棟。全4階建てです。

立体駐車場A・Bと、複数の駐車場棟があるようです。

ここは元々田んぼだったんですがねぇ…ガラッと変わりました。

 

勢いがすごい三井不動産

近年、三井不動産のららぽーとは関西圏で大きく勢いを見せています。

門真でも現在建設中の他、近隣には和泉、千里にはEXPOCITY、兵庫にも甲子園店が開業済。今回の堺で5店舗目となります。

また、同じ大阪南部エリアには2021年に開業した「セブンパーク天美」も立地しています。モールの供給過剰で共倒れ…なんてことにならなければ良いのですが…。

 

関連リンク

「イオンタウン松原(仮)」の工事状況を見てきました【2023年秋開業予定】

三井不動産「ららぽーと門真(仮)」の工事状況を見てきました

21年秋に開業する「セブンパーク天美」の今を見てきました

 

参考文献

  1. 三井不動産「「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと堺」建築着工 2022年秋開業予定~関西エリア4施設目、堺市美原区における街づくりの新たな拠点へ~
  2. インプレスWatch「ららぽーと堺、22年秋開業に向け着工


今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

建設記録カテゴリの最新記事