「はかるくん」という電車がある【電車の雑学研究所 #04】

「はかるくん」という電車がある【電車の雑学研究所 #04】

地味にスタートしている「電車の雑学研究所」シリーズ。ここでは鉄道にまつわる様々な雑学・噂・都市伝説を検証して、皆さんに楽しんで頂くカテゴリーです。

第四回は「『はかるくん』という電車がある」です。

 

はかるぞ!!

はかるくんの名付け親は近畿日本鉄道(近鉄)。新幹線でいう「ドクターイエロー」のような立ち位置の電車で、近鉄の全路線を110km/hで走ります。

その名の通り、近鉄中を「測りまわる」電車で、主に架線の減り具合や位置の確認などをチェックしています。

 

もちろんレールゲージの違う南大阪線・吉野線へも、台車を交換して入ることが出来ます。(ただ、自走が出来ないので、南大阪線の電車に引っ張ってもらう必要があります。)

恐らく、近鉄一近鉄のことをよく知っている電車でしょう。

 

主な検査項目

・架線の磨耗
・架線の位置(高さが垂れていないかなど)
・パンタグラフと電車線の接触状態(営業列車と同等速度で走行中)
・パンタグラフが受ける衝撃(営業列車と同等速度で走行中)
・ATS地上子の周波数など
・指令無線の電界強度測定

 

 

元々は

はかるくんは新車ではなく、元々2410系(写真)という普通の電車を2006年に改造したもので、改造によりモワ24系という形式になりました。

 

側面には「KINTETSU E-LINER はかるくん」のロゴが取り付けられています。

 

 

バックナンバー

うどん屋が親会社の鉄道会社がある【電車の雑学研究所 #03】

「スーパービュー踊り子は訴えられたことがある」【電車の雑学研究所 #02】

「マグロ拾いのバイトはある?」【電車の雑学研究所 #01】

 

参考文献

近畿日本鉄道『電気検測車「はかるくん」 時速110kmのテスター。

近畿日本鉄道『初公開!近鉄の施設ドクター!電気検測車「はかるくん」車内見学ツアー

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

22日(火)
23日(水)
24日(木)
  • なし
25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
  • ↑↓
29日(火)
  • ↑↓
30日(水)
1日(木)

電車の雑学研究所カテゴリの最新記事