【阪急】「ナール=阪急」の時代は、もう終わってる

今頃気づいたんですが、「ナール」の採用で知られる阪急電鉄、もうすっかりナールの採用をやめはじめちゃってますね。

いつまで経ってもDTP化に舵を切らない写研に嫌気が差したのか、サイン交換時からは「イワタUD丸ゴシック」が採用され始めているようです。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2133883151920255301

こちらが以前のナール仕様ですが、見比べると「」のハネの部分に違いがあるのがわかりますね。

例えばこの「阪急電車のりば(3」という表記。一見するとナールっぽいですが、よく観察すると「り」と「3」の表記がちょっと特徴的なことがわかります。

特に全角の「3」は顕著で、イワタ社が用意している見本帳と見比べると、その相似性が一目でわかります。

出典:http://www.iwatafont.co.jp/font/img/pdf/ud/ud_dspbdyr-r.pdf

鉄道動画で阪急を再現したり、Webサイトを作られるようなクリエイター系鉄道ファンの皆さんは、これで心置きなく阪急電鉄の再現ができますね(笑)

方向幕は健在

サインシステムでの採用は取りやめになっていますが、印刷コストもかからず、ドット打ちを自社で出来るLED方向幕の場合は、引き続き「ナール」が採用され続けているようです。

 

 

 

写研のフォントは、当時の熱狂を知る方には伝説的なフォントかもしれませんが、若年層には触れる機会も少なくなり、もはや「古いフォント」にしか見えなくなっています。

かつて一世を風靡した写研のフォントは、段々と忘れ去られ始めています。

 

いつから?

阪急=ナールの定石が崩れたのは、Twitterを見ている限りは2013年からでしょうか。