何故か鉄道ファンだけが読めてしまう「上沼垂」という文字

何故か鉄道ファンだけが読めてしまう「上沼垂」という文字

上沼垂

↑これをスラっと読んでしまうあなた、さては鉄道ファンですね?

 

 

 

 

そう、485系のこの色を「上沼垂(かみぬったり)」色といいます。

鉄道ファンはこれをいとも簡単にさらっと読みがちですが、上沼垂って普通に難読地名なんです。

 

元々は新潟県の上沼垂運転区(現在の新潟車両センター)に所属していた485系がこのカラーだったことから、通俗的に「上沼垂色」と呼ばれていたことが理由です。

ちなみに、この上沼垂運転区には各地から485系が寄せ集められた為、ほぼ全ての番台がこの塗装にされたという伝説があるんだとか。(とはいうものの、スーパー雷鳥の顔だったクロの2000番台は見たことありませんねぇ…)

 

リニューアル編成(3000番台)ではこんなカラーリングに。どちらもホワイト・ライトブルー・ブルーの3色が配色されているのが特徴です。

上沼垂色は、臨時で特急「雷鳥」として運用されることもあり、大阪駅に姿を見せていたこともあります。

 

雷鳥に使用されていた際は、このようにHM中の雷鳥が羽をぱたぱたさせた遊び心あるものだったようです。

 

思えば、他の485系の色には呼称が一致して、かつそこそこ(上沼垂色ぐらい)有名なカラーってあんまりないんですよね。「原色」ぐらいでしょうか?

 

鉄道ファンがお知り合いにいる方、是非「これってなんて読む?」と聞いてみてくださいね笑

 

 

関連リンク

『鉄道ファンが何故か読めてしまう地名』→上沼垂・幡生・あと1つは?

【さよなら】クモヤ443系、今年で引退を発表

 

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



JR東日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO