【さよなら】クモヤ443系、今年で引退を発表

【さよなら】クモヤ443系、今年で引退を発表

京都鉄道博物館(JR西日本が運営)では、今日からクモル145形の展示を行っています。

そこで掲示されている資料にて、クモヤ443系が今年をもって引退することが発表されているようです。

 

 

後継は…?

クモヤ443系は、線路や電気の状態などを測る「検測専用電車」で、最後の国鉄式検測電車です。

正式にはクモヤがつかない「443系」という形式名ですが、鉄道ファンからは「クモヤ443系」という名で長らく親しまれてきました。

 

485系からヘッドマーク部分を抜いたのような顔立ちのこの車両は、改造車両ではなくれっきとした新車として1975年に近畿車輛にて2編成が製造されました。

JR東日本が所有していた車両は2003年に廃車され、残るはJR西日本の所有するこの1編成のみとなっています。

 

後継の検測車両についてはまだ明らかになっていませんが、「キヤ141形に検測機能を持たせる」「新型の検測車両を製造する」など様々な噂が飛んでいます。

また、「近畿車輛において紺色に黄帯の検測車両らしき車両を見かけた」という目撃情報もあり、その動向が注目されます。

 

関連リンク

クモヤ443系編成表-(事業用検測電車)

キヤ143系編成表-(事業用除雪車)

「クモヤ443系」とは?最後の国鉄式検測電車を振り返る



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
13日(月)
  • ↑↓
14日(火)

JR西日本カテゴリの最新記事