JR西日本の運輸収入額、広島駅が1位に

JR西日本の運輸収入額、広島駅が1位に

JR西日本内における駅別の運輸収入取扱額において、広島駅が一位になったことがJR西日本のデータ集より明らかになりました。

運輸収入取扱額とは

簡単にいうとその駅での切符などの売上高のことです。
これは大阪駅で新幹線の切符を購入したとても、その売上は大阪駅扱いとなります。

取扱額は7935万円で、次点の新大阪駅が7861万円、3位の大阪駅が7694万円となっています。

 

トップ3が入れ替え

2019年度 2021年度
1位 大阪駅(1億5013万円) 広島駅(7935万円)
2位 広島駅(1億3626万円) 新大阪駅(7861万円)
3位 新大阪駅(1億3241万円) 大阪駅(7694万円)
4位 岡山駅(1億1100万円) 岡山駅(6383万円)
5位 博多駅(1億458万円) 博多駅(6337万円)

これまでは長年、大阪・広島・新大阪の順番となっていました。

長年首位をキープしていた大阪駅は新大阪駅にも抜かれて3位に後退してしまいました。

ただ全体的な額でいうと、上位5駅の取扱額はいずれも1億円を越えていたにも関わらず、2021年度では全ての駅が1億円を割る結果となっています。

 

新幹線と在来線が混在する広島駅とは違い、新幹線と在来線が分離する新大阪・大阪は分が悪いかもしれませんね。

この証拠にJR西日本における博多駅は新幹線のみだけにも関わらず、同社内5位の位置をキープしています。

やはり新幹線は偉大ですね…

 

関連リンク

【広島電鉄】グリーンムーバーは数年後に廃車?

【好評なので】広島発の「サイコロきっぷ」が爆誕

【何これすごい】広島駅、新ビルの広場デザインが決定!

参考文献

西日本旅客鉄道「データで見るJR西日本」、各年度

日本経済新聞「広島駅の運輸取扱収入、JR西日本で初めて首位に 21年度」、2022年10月19日




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

JR西日本カテゴリの最新記事