【速報】阪急が「2代目」2300系・2000系導入を発表!座席指定サービスも

【速報】阪急が「2代目」2300系・2000系導入を発表!座席指定サービスも

出典:阪急電鉄 1)

阪急電鉄は、京都線用の新型特急車両「2300系」、および宝塚線・神戸線用の新型通勤車両「2000系」の導入を発表しました!導入は2024年夏からとなります。

新形式の登場は2013年の1300系/1000系以来11年ぶり。「2300/2000」のナンバーは2代目となります。

更に、京都線2300系には前からアナウンスのあった座席指定サービス」を導入するようです!ついにきた!!!

 

新車の概要

出典:阪急電鉄 1)

2300系・2000系のコンセプトは「安心と快適、そして環境に配慮した新しい阪急スタイル

これまでの栗色にアイボリーの車体や、高級感を感じる木目調の化粧板やゴールデンオリーブの座席色といった阪急の良き伝統は受け継ぎつつ、前面窓ガラスに曲線を採り入れた新しいデザインとしています。

先代となる1300系のお顔はこんな感じ。基本的な顔立ちは似たようなデザインですが、

・種別灯部分がかなり細長い目つき
・ヘッドライト部分までかかっていた白が若干退行
・窓ガラスの下部がやや上側にカーブする
・運転席後ろの小さい側面窓がなくなる

するなど、微妙な差が見られます。

 

2000系(神戸線・宝塚線)

出典:阪急電鉄 1)

2000系はロングシート車両となるようですね。これまでの車両との変更点は以下の通り。

・袖仕切りを半透明に変更
・先頭車の車椅子スペースを拡大、設備充実化
・VVVFインバータの性能向上で消費電力量を60%削減
・阪急初採用となる空気清浄機を導入
・防犯カメラも導入

編成表

編成名基本編成
←大阪梅田 | 神戸三宮・宝塚→
竣工メーカー備考
2000
2000
Tc

2500
M

2600
M’

2050
T

2150
T

2550
M

2650
M’

2100
Tc
2024夏日立製作所

編成略記号の解説 M…電動車 T…付随車 c…制御車(運転台がある)

 

2300系(京都線)

出典:阪急電鉄 1)

京都線で使用される2300系には、クロスシートが投入されるようです。

また、今回初の発表となった座席指定サービスはこの2300系(2350号車)に投入されます。

編成表

編成名基本編成
←大阪梅田 | 京都河原町→
竣工メーカー備考
2300
2300
Tc

2800
M

2900
M’

2350
T

2450
T

2850
M

2950
M’

2400
Tc
2024夏日立製作所

編成略記号の解説 M…電動車 T…付随車 c…制御車(運転台がある)

 

この座席指定サービスは、2022年度に発表した中期経営計画に盛り込まれており、予告通りの発表となりました。詳細については後日発表とのこと。

関西圏では泉北高速鉄道(泉北ライナー)や京阪電鉄(プレミアムカー)、JR西日本(Aシート)などの有料座席指定車両導入が続いており、特に京阪・JRと競合する阪急の動向について注目されていました。

製造はこれまで同様、日立製作所が担当します。

 

関連リンク

【阪急阪神】有料座席サービス、2024年を目処に導入へ

【阪急】値上げと引換に2040年度までに全駅ホーム柵設置へ

【阪急】神戸線「武庫川新駅」が正式合意!85年以上ぶりの新駅設置へ

参考文献

  1. 阪急電鉄「新型車両2300系・2000系を2024年夏より導入します 」、2023年10月6日

今週の鉄道イベント情報

7月16日(火)
7月17日(水)
7月18日(木)
7月19日(金)
7月20日(土)
7月21日(日)
7月22日(月)
7月23日(火)
7月24日(水)
7月25日(木)
7月26日(金)



鉄道ニュースカテゴリの最新記事