【阪急】新形式「2300系」が遂に登場!山口から陸送搬入

【阪急】新形式「2300系」が遂に登場!山口から陸送搬入

撮影:もぐら様

2023年12月5日、阪急電鉄の新形式となる2300系(C#2400F)が、山口県にある日立製作所の工場から大阪へ輸送後、陸送されて正雀工場に搬入されました。

2300系は阪急初の有料座席「プライベース」が導入される車両として、注目度が高い系列となっています。

 

実車の様子

撮影:もぐら様

2300系2400号車の様子。京都河原町方の車両となります。

先代の1300系と比較すると、ややキュッと締まった顔周りになっていますね。概ねイメージリリース通りといったところでしょうか。

運転席後ろの窓は埋められています。ロゴがないからか、やや間延びした印象ですね…

撮影:もぐら様

こちらは中間車(2950号車)の様子。車番はホームドア用に上部の他、従来どおり窓下にも設置されています。

全駅にホームドアを設置するには、まだしばらくかかる故の判断でしょうか。

 

ちなみに

撮影:鉄道プレス編集部

これまで「阪急の2300系」といえば2016年まで活躍していたこの車両でしたが、今回の導入で2300系が7年ぶりに復活したことになります。

 

関連リンク

【速報】阪急が「2代目」2300系・2000系導入を発表!座席指定サービスも

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



鉄道ニュースカテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock