【阪急】2022年度は新車16両の導入を計画

【阪急】2022年度は新車16両の導入を計画

阪急阪神ホールディングスは、2021年度(2022年3月期)の有価証券報告書を公表しました。

これによると、阪急電鉄の設備投資の項目において「21.68億円をかけて鉄道車両16両を新造する」との記載があります。

取得時期は2022年7月となっており、もうまもなく新車が登場する見込みです。

 

8両2編成か

阪急電鉄への投入ということなので、おそらくは8両編成2本を導入するものとみられます。

お世話になっているねこ常務さんによると、京都線へは既に15本目の1300系である「1314F」が導入されているそうで、残るはあと1編成の導入に留まりそうです。

 

その他

同資料では新造車両導入の他、京都線・千里線の淡路駅立体交差化(2032年3月完成)、および子会社である北大阪急行の延伸工事(2024年3月完成)についても公表されています。

また不動産業では、うめきた2期地区の開発事業についても触れられており、2027年度を目処に投資を行っていくとのことです。

 

関連リンク

【阪急阪神】有料座席サービス、2024年を目処に導入へ

阪急1000系編成表(神戸線・宝塚線)

 

参考文献

阪急阪神ホールディングス「有価証券報告書



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

阪急電鉄カテゴリの最新記事