最後の「オヤ31形」花魁車、京都鉄道博物館で展示へ

最後の「オヤ31形」花魁車、京都鉄道博物館で展示へ
(リニア鉄道館に保存されている別個体)

京都鉄道博物館は、オヤ31形31号車を引き入れて特別展示すると発表しました。

展示期間は2022年7月26日~8月14日までです。

 

おやおや?

オヤ31形は、JR西日本にて在籍している建築限界測定用試験車両です。

要は線路の空間に建築物が支障しないかをチェックする車両で、トゲの部分が建造物に当たると信号で知らせる仕組みになっています。

トゲが花魁のかんざしっぽく見えることや、ゆっくり走ることから「花魁車」という俗称があります、

 

現存最後

オヤ31形は客車の改造で生まれた形式で、合計7車両が製造されました。

うち2両が国鉄時代に解体、5両がJRに継承されたものの、今回展示される「オヤ31形31号車」を除いて全てが除籍となっています。

形式 継承 現況
オヤ31-1 廃車
オヤ31-11 廃車
オヤ31-12 JR東海へ リニア鉄道館で展示中
オヤ31-13 JR東日本へ 2012年解体
オヤ31-21 JR九州へ 不明
オヤ31-31 JR西日本へ 現役
オヤ31-32 JR北海道へ 2018年解体

 

 

関連リンク

京都鉄道博物館、まさかのウグイス103系を特別展示

クモル145形、引退へ

普通のエアコンがついてシュールなN700系を見てきました

参考文献

京都鉄道博物館「おやおや!?「オヤ 31 形 31 号車」特別展示のおしらせ 」、2022年6月24日



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

JR西日本カテゴリの最新記事