【大迫力の12連】H100形、神戸から釧路へ甲種輸送

【大迫力の12連】H100形、神戸から釧路へ甲種輸送

JR北海道の新型車両「H100形」が川崎重工にて落成し、北海道の釧路まで鉄道によって運ばれる「甲種輸送」が本日行われました。

神戸貨物ターミナルから吹田まではDE10形が牽引を担当、その後交流区間の北陸地域を走るべく機関車をEF510形に付け替えて駆け抜けていきました。

今回落成したのは、H100-46~H100-57編成までのようです。

 

大迫力の12連

こちらが落成した車両の最後尾。「H100-46」と書かれています。次に会えるのは恐らく北海道ででしょうねぇ…。

神戸貨物ターミナルからさくら夙川までは23分程度での到着でした。

 

今回の甲種輸送は送料節約の為なのか、1両編成を12連つないでの大迫力な甲種輸送となりました。

 

H100形気動車は、キハ40形の置換え用に作られた両運転台の気動車です。

JR東日本のGV-E400系と基本設計は共通で、システム周りが単純な気動車ではなく「電気式気動車」であることから、気動車を指す「キハ」は付けられず、北海道の「H」が付けられています。

今回のH100系は所属表記が「釧クシ」になっており、道東エリアへのH100形導入がまもなく始まりそうです。

 

関連リンク

【JR北海道】どんどん遠くなる…新幹線札幌駅は乗換距離が325mへ

【西武】10000系「ニューレッドアロー」、富山へ甲種輸送開始!

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(日)
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

JR北海道カテゴリの最新記事