【JR北海道】エスコンフィールド新駅の計画を発表

【JR北海道】エスコンフィールド新駅の計画を発表
出典:北海道旅客鉄道 1)

JR北海道は、北広島市に建設された新しい野球場「エスコンフィールド」の最寄り駅である「北海道ボールパーク(仮)駅」の新しい計画を発表しました。

長らく計画されているものの労務費や建設費の高騰などで思うように進んでおらず、北広島市から再検討依頼を受けた結果、コストを圧縮した新しい計画となっています。

まだ本決定ではありません。

新駅は千歳線の北広島~上野幌間に設置される予定で、北広島駅から2km程度の距離となります。

 

変わった概要

主な変更点は以下の通り。

・特急などが通過する本線を内側に・ホームが島式1面4線から相対式2面4線に(方面別ホーム)
・折返し線が新駅設置予定だったのを隣の北広島駅に設置へ変更
・球場までの距離が400mから300mに短縮
・工期が7年から4年へ短縮

工事費はこれまでと同様に85~90億円としています。

折り返し線はエスコンフィールドへの臨時列車対応として設定する為に必要不可欠なもののようですね。札幌駅にに「北広島」の方向幕を掲げる列車が頻繁に登場することになりそうです。

現在でも、散発的に臨時便として設定されることはあります。

 

エスコンフィールドは2023年から「北海道日本ハムファイターズ」の本拠地として使用されている、現在最も新しい野球場です。

野球場を含めたパークのエリア名を「北海道ボールパークFビレッジ」としており、新駅名の仮称はここから採られています。

エスコンフィールドは公共交通でのアクセス機関がなく、また駐車場も手狭であることから多数の利用者が野球場とは無関係の駐車場へ止める事態が報道されていました。

未だ正式決定ではありませんが、ようやく鉄道で野球場へアクセスすることが出来る道筋が出来始めましたね!

 

関連リンク

札幌へ行ってきました

【おかえり】被災したH5系H2編成、6両が郷里の函館へ帰還

 

参考文献

  1. 北海道旅客鉄道「北海道ボールパークFビレッジ隣接地に設置する千歳線新駅計画について
  2. 北海道旅客鉄道「北海道ボールパーク(仮称)開業に伴う新駅案の検討状況と北広島駅の改修計画について」
4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
4月25日(木)
4月26日(金)



JR北海道カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock