大和路線・おおさか東線に有料座席「快速うれシート」導入へ

大和路線・おおさか東線に有料座席「快速うれシート」導入へ

JR西日本は、大和路線・おおさか東線の221系車両に、有料座席「うれシート」を2023年10月23日より導入すると発表しました!

既存の221系車両の先頭20席に暖簾のパーテーションを設け、無料座席との区分けを行います。

お値段は300円です。

 

有料は天王寺まで

有料座席になるのは、大和路線の「区間快速」大阪方面行き2本と、大和路線・おおさか東線を経由する「直通快速」大阪行きの2本です。

【対象列車】
区間快速1号 加茂6:29 > 天王寺7:28
区間快速3号 加茂7:29 > 天王寺8:28

直通快速51号 奈良7:06 > 放出7:53 > 大阪8:11
直通快速53号 奈良7:30 > 放出8:20 > 大阪8:38

対象となるのは最後部(奈良側)の1号車。指定席車両と同じく1ヶ月前の10時から発売するとのことです。

直通快速は全線設定ですが、区間快速については有料区間を「天王寺まで」とし、その後の大阪までは自由席扱いとなるちょっとややこしい運用システムが採られるようです。

 

座席はそのまま?

ただし、プレスリリース 1)には

※4・5番席は対面席、5番席は進行方向と逆向きになります。
※221系の座席は転換クロスシートのため、2~4番席は逆向きの場合もございます。

とあるため、新快速である「A-SEAT」のような特段改造を行うというわけではなさそうで、既存221系車両の内装をそのままに簡易的に区切るだけとなりそうですね。

それでも、朝ラッシュ時に着座が確定するのは嬉しいものではないでしょうか。

 

Qシートは使えない

新快速[路線記号A]の先例では「A-SEAT」なので、路線記号が「Q」の大和路線だと「Q-SEAT」になりそうですが、実はこの名称は既に東急が使用しており、商標まで取得しているので採用できないものであったとみられます。

まぁこの記事を公開したところ、「うれシートww」好意的な反応が多いので、戦略勝ちかもしれませんね。

 

料金的には、かつて運行されていた「やまとじライナー」の簡易的な復活とも思えますね。

このまま本格的に人気になって、北陸新幹線開業で余剰となった683系による専用ライナー電車の復活…なんてないでしょうかねぇ…

 

関連リンク

おおさか東線に「221系」が2022年よりデビュー!トイレ付き電車へ

 

参考文献

西日本旅客鉄道「有料座席サービス「快速うれしート」導入のお知らせ」、2023年8月24日

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



JR西日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock