【おかえり】被災したH5系H2編成、6両が郷里の函館へ帰還

【おかえり】被災したH5系H2編成、6両が郷里の函館へ帰還

出典:JR北海道「JR北海道グループ2021年度決算」

地震に被災しながら、身を挺して乗客を守ったJR北海道のH5系H2編成。

長らく宮城県にある新幹線総合車両センターにて留置されていましたが、函館新聞によると2022年12月5日の午前に仙台港から函館港へと輸送され、陸送で郷里に帰ってきたようです。

 

やっとふるさとへ

函館港へ輸送されたのは1・2・3・4・9・10号車の6両。

残る4両は北海道に帰らず、宮城県内にて解体されます。

編成名基本編成
←東京 | 新函館北斗→
製造年日所属
H2

 

1号車
H523-2

2号車
H526-102

3号車
H525-2

4号車
H526-202

5号車
H525-402

6号車
H526-302

7号車
H525-102

8号車
H526-402

9号車
H515-2

10号車
H514-2
日立製作所函館新幹線総合車両所
(函ハシ)

幸運にも北海道の土を踏んだ6つの被災車両は、JR北海道の函館新幹線総合車両所にて社員教育用の車両として活用予定です。

 

福島県沖での地震

H5系H2編成(と連結していたE6系)は、2022年3月16日にやまびこ223号として福島~白石蔵王間を走行中、福島県沖地震で発生した震度6クラスの地震に被災。

連結相手だったE6系の13号車以外は全て脱線という状況に陥りましたが、脱線しながらも乗客には1人の死者も出しませんでした。

高速鉄道車両としての信頼性の問題から復旧とはならず、14億円の特損を計上してわずか8年で廃車となってしまいました。

 

おかえりなさい。本当にご苦労さまでした。

 

関連リンク

【JR北海道】地震被災の新幹線(H2編成)は廃車へ

 

参考文献

函館新聞「廃車の新幹線車両を陸揚げ 函館港町埠頭」、2022年12月6日

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



JR北海道カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO