JR北海道、クルーズトレイン「赤い星」と「青い星」を2026年から運行へ

JR北海道、クルーズトレイン「赤い星」と「青い星」を2026年から運行へ

年始からまたぶち込んできますね…笑

JR北海道が、2026年4月を目処に豪華列車(クルーズトレイン)を本格的に運行開始予定であることを北海道新聞が報じています。

列車は既存のキハ143形を改造したもので、水戸岡鋭治氏がデザインを担当します。JR九州のななつ星と同じ性格っぽいですね…?

 

列車の内容

列車の名称は「赤い星」と「青い星」の2車両で、それぞれに

・赤い星…釧路湿原編成
定員100名程度の高価格帯列車。グリーン席より上のクラスで、個室・展望席・食堂(ラウンジ)車を装備

・青い星…富良野、美瑛編成
定員200名程度の普通価格帯。

の性格分けがなされています。列車はそれぞれが4両編成です。

北海道内全てを運行し、赤字8区間を活性化させる狙いがあるとのことです。

 

 

トワイライトエクスプレス瑞風はななつ星のように、一から設計した車両ではなくキハ143形の改造ということで、特に「青い星」編成の雰囲気的に、近鉄の「青の交響曲」や「あをによし」に近いイメージとなりそうですね。

これがある程度成功すれば、次は本格的な新車の導入になりえる…のかな?

 

関連リンク

「トワイライトエクスプレス瑞風」の料金はいくらかかる?

桃山式とは【鉄道用語】

なぜ近鉄「青の交響曲」は新車で作らなかったのか?

参考文献

北海道新聞「JR北海道、豪華列車運行へ 26年4月全道周遊 茶室も

JR北海道カテゴリの最新記事