JR九州、189億円の赤字。予想よりややマシな結果に(2020年度決算)

JR九州、189億円の赤字。予想よりややマシな結果に(2020年度決算)

九州旅客鉄道株式会社は、2020年度(2021年3月期)の決算を発表しました。

それによりますと、黒字か赤字かを示す「親会社株主に帰属する当期純利益」は、189億円の赤字決算となっていますが、2月時点で予想していた284億円の赤字よりやや落ち着いた数字となっています。

 

 

前年度との比較

売上高 営業利益 純利益
2020年度 2939億1400万円 228億7300万円の赤字
189億8400万円の赤字
2019年度 4326億4400万円 494億600万円の黒字 314億9500万円の黒字

※営業利益…営業によってもたらされた金額。
純利益…税金を支払ったり補助金額を足しての金額

 

メインの鉄道が376億円の赤字を出し、得意の不動産(246億円の黒字)や建設(69億円の黒字)が奮闘したものの、鉄道部門の赤字を穴埋め出来るまでには至りませんでした。

 

JR6社比較

売上高 営業利益 純利益
JR東海 8235億1700万円 ▲1847億5100万円 ▲2015億5400万円
JR東日本 176458400万円 ▲5203億5800万円 ▲5779億円
JR西日本 8981億7200万円 ▲2455億4400万円 ▲2332億1400万円
JR九州 2939億1400万円 ▲228億7300万円 ▲189億8400万円
JR北海道
(未上場)
1119億円 ▲805億円 ▲410億円
JR四国
(未上場)
277億円 ▲259億円 ▲80億円

JR九州の発表で、JR旅客系6社の決算が全て出揃いました。

未上場ながらJR北海道の数字がかなり悲惨で、九州より売上高が少ないにも関わらず赤字額は九州よりも多い結果となっています…。

JR東日本は過去最悪の数字を出すなど、厳しい結果となっています。

 

 

関連リンク

【速報】JR西日本、過去最大の赤字決算2332億円を計上

【速報】JR東日本、民営化後初の赤字決算5779億円を計上

JR四国、80億円の赤字。過去最低を更新(2020年度決算)

 

参考文献

九州旅客鉄道『2021年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

22日(火)
23日(水)
24日(木)
  • なし
25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
  • ↑↓
29日(火)
  • ↑↓
30日(水)
1日(木)

JR九州カテゴリの最新記事