【2020年度】JR西日本、過去最大の赤字決算2332億円を計上

【2020年度】JR西日本、過去最大の赤字決算2332億円を計上

西日本旅客鉄道株式会社は、2020年度(2021年3月期)の決算を発表しました。

それによりますと、黒字か赤字かを示す「親会社株主に帰属する当期純利益」は、2332億円の赤字決算となっています。

1年間通し決算(4Q)での赤字額は、1987年のJR分割民営化後で過去最高額となります。

 

 

売上高も落ち込み、コロナウイルスの影響がまだ軽微だった前年度は1兆5082万円だったのに対し、今年度はついに1兆円を割り込み、8981億円と40%減となりました…。

 

2021年度はワクチン接種が広がり、日常に戻るとの見込みから黒字転換を見込んでいます。

 

JR4社比較

売上高営業利益純利益
JR東海8235億1700万円▲1847億5100万円▲2015億5400万円
JR東日本176458400万円▲5203億5800万円▲5779億円
JR西日本8981億7200万円▲2455億4400万円▲2332億1400万円
JR九州未発表(5/12予定)

 

 

関連リンク

【速報】JR東日本、民営化後初の赤字決算5779億円を計上

 

今週の鉄道イベント情報

6月9日(日)
6月10日(月)
6月11日(火)
6月12日(水)
6月13日(木)
6月14日(金)
6月15日(土)
6月16日(日)
6月17日(月)
6月18日(火)
6月19日(水)



JR西日本カテゴリの最新記事