JR四国、80億円の赤字。過去最低を更新(2020年度決算)

JR四国、80億円の赤字。過去最低を更新(2020年度決算)

四国旅客鉄道株式会社は、2020年度(2021年3月期)の決算を発表しました。

それによりますと、黒字か赤字かを示す「親会社株主に帰属する当期純利益」は、80億円の赤字決算となっています。

1年間通し決算(4Q)での赤字額は、1999年の決算公表以来2番目に悪く、売上高・営業利益においては公表以来過去最低の数字となりました。

 

前年度との比較

売上高 営業利益 純利益
2020年度 277億円
(過去最低)
259億円の赤字
(過去最低)
80億円の赤字
(過去2番目)
2019年度 489億円 120億円の赤字 12億円の黒字

※営業利益…営業によってもたらされた金額。
純利益…税金を支払ったり補助金額を足しての金額

 

運輸業(JR四国、ジェイアール四国バスなど)、物品販売業(キヨスク)、ホテル業、不動産業(JR徳島駅ビル開発)など、JR四国のめぼしい事業全てにおいて減収が響いています。これはキツイ…

2021年度の予想についても、引き続き57億円の赤字を見込んでおり、当面厳しい状態が続くことに変わりはなさそうです。

 

 

JR5社比較

売上高 営業利益 純利益
JR東海 8235億1700万円 ▲1847億5100万円 ▲2015億5400万円
JR東日本 176458400万円 ▲5203億5800万円 ▲5779億円
JR西日本 8981億7200万円 ▲2455億4400万円 ▲2332億1400万円
JR九州 未発表(5/12予定)
JR四国
(未上場)
277億円 ▲259億円 ▲80億円

会社の規模が小さい分、他のJR各社と比較すると金額も小さいですが、いずれにしても自立経営には程遠いのが現状ですね…。

 

関連リンク

【速報】JR東日本、民営化後初の赤字決算5779億円を計上

【速報】JR西日本、過去最大の赤字決算2332億円を計上

 

参考文献

四国旅客鉄道株式会社『2020年度 期末決算について



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
14日(火)

JR四国カテゴリの最新記事