【JR四国】1200形、2024年3月までにリニューアル開始

【JR四国】1200形、2024年3月までにリニューアル開始

JR四国は2022年度決算における報告書内にて、1200形気動車のリニューアルを2023年3Q(2023年10~12月)に着手し、4Q(2024年1~3月)の間に完了させると発表しました。

対象車両は1両のみとなっています。

(情報提供:@Zattap様)

 

エンジン換装…?

当該資料からはこれ以上のことは読み取れず、どんなリニューアルを行うかなどは一切発表されていません。

出典:国土交通省鉄道局「四国旅客鉄道株式会社における運賃改定申請について (運輸審議会ご説明資料)」

以前国土交通省へ提出した資料では、2023年の計画として「ローカル気動車のエンジン換装等で寿命延伸を図る」としており、今回の1200形に当てはまるのはこの事例ではないかと見ています。

この資料では2023年に1億円、2024・2025年にそれぞれ5億円を計上しており、1両1億円とすると11両程度が対象となりそうですね。

 

1200形について

1200形は、2006~2008年に後継車両1500形に連結出来るよう1000形を改造して誕生した派生形式です。

全18両が徳島運転所に配置されており、高徳線や徳島線・鳴門線などで活躍しています。

改造自体は2008年頃ですが、製造はそれより前の1992年頃から行なわれているので既に30年選手となっています

確かにディーゼル機関の工事などが必要な時期かもしれませんね…。

 

関連リンク

【JR四国】8000系、2度目のリニューアル!車体・車内の両方で施工

【JR四国】8000系電車リニューアル・新気動車など事業計画書を発表

JR四国の新型ローカル気動車、2025年12月までに登場予定

参考文献

四国旅客鉄道株式会社「JR四国グループ中期経営計画2025の達成に向けた取組み【2022年度第4四半期 報告書】




JR四国カテゴリの最新記事