【JR四国】2000系・6000系など22両の行先表示機をフルカラー化へ

【JR四国】2000系・6000系など22両の行先表示機をフルカラー化へ

JR四国は、2022年度の移動等円滑化取組計画書を公表しました。

これによりますと、2000系・6000系・8000系の3形式22両において、行先案内表示機をフルカラー化することを発表しています。

LED…ですよね?

計画書には「フルカラー」とだけ書かれておりLEDかLCDかはっきりしませんが、これまでの採用例からするとLEDが有力でしょうか。

既にかなりの数が引退した2000系ですが、「一部車両については今後も10年以上走る見込みである」と朝日新聞が報じており、その車両の表示機を更新するものとみられます。

現存の2000系

【先頭車】2103、2105、2117,2118,2121
【逆向き先頭車】2151,2152、2155、2156

※中間車(2200形)は形式消滅

同様の形状を持つ、智頭急行のHOT7000形で採用されているようなタイプとなるのでしょうか。

 

関連リンク

【JR四国】特急電車リニューアル・新気動車など事業計画書を発表

【朗報】四国新幹線の駅候補地案、決まる

 

参考文献

四国旅客鉄道「移動等円滑化取組計画書」令和 4 年 6 月 23 日

朝日新聞「世界初の振り子式気動車が引退 2000系特急型」2021年2月4日

ひろさんのツイート

 




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

JR四国カテゴリの最新記事