JR四国の新型ローカル気動車、2025年12月までに登場予定

JR四国の新型ローカル気動車、2025年12月までに登場予定

現在導入が検討されており、当サイトでも何度か取り上げているJR四国の新型ローカル気動車。

DEC700形などと同じくハイブリッド式が採用される予定のこの車両ですが、この度入札の資料から2025年12月20日までに量産先行車が登場することが明らかになりました。

 

判明したスケジュール

今回の資料で新たに明らかとなったのは、車両投入のスケジュール。

あくまでJR四国側の希望ですが、今後この段取りで導入されていく模様です。

量産先行車

2025年12月20日(2両・2編成)

量産車

1次車 2028年1月30日(2両・8編成)
2次車 2029年1月30日(2両・7編成)
3次車 2030年1月30日(2両・8編成)
4次車 2031年1月30日(2両・4~10編成)

以前の資料からは「2025年度中」となっていましたが、詳細な時期が特定されました。

量産先行車が登場して3年間は試運転や各種テストを実施し、その後毎年投入していくようです。

新形式かつ新機軸(ハイブリッド式)の車両とはいえ、随分時間をかけて投入していくのがちょっと意外なところですね。

 

関連リンク

JR四国、2025年度から電気式気動車を投入?

【JR四国】新型ローカル気動車は「ハイブリッド式・2両」に変更。2025年から導入

 

参考文献

四国旅客鉄道「入札公告

ひろさんのツイート

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



JR四国カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock