宮原支所へ疎開した683系を見てきました(2024/3)

宮原支所へ疎開した683系を見てきました(2024/3)

北陸新幹線の敦賀延伸に伴い、サンダーバードで活躍していた683系が宮原にて疎開留置となっています。

今後の動向は不明ですが、リニューアル工事を受けて比較的新しい存在であることから、今後何かしらの転用、あるいは引き続き「サンダーバード」としての運用が行われるものとみられます。

今日は留置されている2本の683系車両を見てきました。

疎開、もしくは疎開回送とは、何らかの事情で本来車両を置いておく場所に留置できない場合に、空きのある他の場所へと移送する回送のことを指します。

疎開回送を経て、一時的に疎開している状態のことを疎開留置と呼びます。

 

どうなる?

留置中の683系2車両。電線がない場所なので上からでも綺麗に撮影出来ます。

右側に停止しているのは0番台のW34編成。吹田総合車両所京都支所に所属していました。

同車は6両編成で、クロ683(流線形の先頭車両)が西向きに向いています。

サイドビュー。スカートには「Mc683-1504」と書かれています。

一方、奥側には0番台のW35編成が留置中。

W34編成とは反対に、クロ683形が東を向いています。

見えづらいですが、窓上に「W35」と書かれたステッカーが貼られていました。

 

この他、681系V12編成も宮原へ疎開しているそうです(今回撮影した周辺からは見えませんでした)。

更に681系V41編成、683系N02編成は野洲へ疎開回送が行われています。

今後は289系へ直流化の改造を行い紀勢本線などを走ることになるのか、はたまた引き続き683系として活躍するのか……気になるところですね。

 

関連リンク

683系を和歌山線へ転用する構想がある?

【驚き】サンダーバード車両を「北陸新幹線色」にする構想があった

「683系が10両に?」大阪駅にある噂の10連停車目標を見てきました

今週の鉄道イベント情報

7月16日(火)
7月17日(水)
7月18日(木)
7月19日(金)
7月20日(土)
7月21日(日)
7月22日(月)
7月23日(火)
7月24日(水)
7月25日(木)
7月26日(金)



JR西日本カテゴリの最新記事