【驚き】サンダーバード車両を「北陸新幹線色」にする構想があった

【驚き】サンダーバード車両を「北陸新幹線色」にする構想があった

現在「サンダーバード」で運行されている681系・683系は、2015年からリニューアル工事が行われていますが、驚くべきことに塗装を北陸新幹線のW7系と同じ色にする構想もあったのだそうです。

株式会社ジェイアール西日本テクノスの設計部長が書かれた文献で明らかになっています。

 

W7系と一体的に

文献によると、以下のように説明があります。

サンダーバードのリニューアルが計画された。北陸新幹線車両のカラーリングとする案も検討されたが、最終的には20年間積み上げてきたサンダーバードのブランドを大切にしようということになった(中略)

20年前の車両をリニューアルする場合、過去を全面否定して、全く異なるデザインにするケースは多い。デザインは流行であり、賞味期限のあるものと思われているからだ。サンダーバードのリニューアルは過去を否定するのではなく、リスペクトして新たなデザインにトライした。

出典:『国際交通安全学会誌』 1)

北陸新幹線のW7系といえば、

・鼻の部分に大きく青色が入り
・差し色に銅色(カッパーカラー)
・そしてボディは真っ白

というデザインですが、681系・683系にもこれが受け継がれていたら…ちょっと見てみたい気もしますね…笑

 

 

「サンダーバード」というブランド

サンダーバードで用いられる681・683系は、デビュー当時から白いボディをベースに差し色にグレーが用いられ、JR西日本のコーポレートカラーである青色のラインが巻かれています。

色まで含め「サンダーバード」は25年に渡って運行され続けている「ブランド」である、という考え方が根本にあったことから、結果的にはW7系の色にはならず、現行の塗装となりました。

リニューアルにあたってはあくまで配色のベースはそのままに、よりビビッドな色使いとなったことで

・「サンダーバード」ブランドを損なわず
・かつ新しくなっていることを周知させる

という目的を果たしているようです。

 


◀Tetsudo.comへ戻る

 

関連リンク

 

683系を和歌山線へ転用する構想がある?

ほくほく線を「ミニ新幹線化」させる?新潟県が検討中

参考文献

  1. 『国際交通安全学会誌』(Vol. 43 No.1)、「鉄道車両デザインの未来」,大森正樹(株式会社ジェイアール西日本テクノス 設計部長),平成30年6月

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



JR西日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock