【速報】新型「やくもブロンズ」273系、ついに登場!

【速報】新型「やくもブロンズ」273系、ついに登場!

以前からお伝えしていた新型の特急「やくもブロンズ」用の273系。

2023年10月25日、ついに近畿車輌から出場(出荷)され、吹田方面へと走り去って行きました!

出雲〜岡山間を結ぶ特急「やくも」用に使用される、40年ぶりの新車となります。

東大阪市から速報でお伝えします!

 

4+4で出場

車体はオーソドックスな特急スタイル。はるか用の271系と似たスタイリングですね。

ヘッドライトは先代の381系「やくも」を意識したという縦2灯スタイル。

デザインを担当した川西さんからは、以下のような言及があります。

やくも号のデザインは、JR西日本伝統の特急車体をベースに、沿線の地域性とお客様ニーズを客観的に反映させたものです。
ただし、前照灯の縦目は往年の国鉄型特急、前部肩の雲マークは蒸気機関車のハレの姿をオマージュして、窓周りのクリーム色で固めたあたりは、川西なりの主観的な味付けです。

出典:川西氏のXアカウントより

イメージリリースよりも可愛らしい印象で、どことなく愛嬌が出ています。その色や形から煮卵なんて愛称も一部で付けられています(笑)

先頭部にはこれまで用いられていた「やくも」の書体をそのまま用い、直接車体へ描かれました。

様々な特急として使用されるが故に汎用性が必要だった381系とは、また異なる形での愛称掲出となります。

今回の出場は2編成同時に行われました。4+4で組成が組まれています。

形式番号は「Y」となるようです。やくも(Yakumo)から来ているのでしょうか…

集電装置は主流のシングルアームパンタグラフを搭載。国内初となる「車上型の制御付自然振り子方式」を導入しています。

屋根上まわりは比較的スッキリとしたデザインですね。

そのまま吹田方面へと出発し、午後からは湖西線内で試運転を行っているようです。

 

273系の概要

・車両形式 :273系(直流)
・投入車両数:44 両(4 両×11 編成)
・導入費用:160億円
・運行区間:岡山駅~出雲市駅(特急やくも)

・車両事項
防犯カメラの設置による車内セキュリティ向上
車体の衝突安全対策、機器の二重系化等
・新たに開発・実用化した、国内初となる「車上型の制御付自然振り子方式」による乗り心地の向上
(車上の曲線データと走行地点のデータを連続して照合し、適切なタイミングで車体を傾斜させるもの)
(JR西日本、鉄道総合技術研究所、川崎車両の共同開発)
・座席間隔の拡大、座り心地を改善した座席の採用
・空気清浄機の搭載、抗菌・抗ウイルス加工による安心した車内環境づくり

・車内について
車椅子スペースの拡大、多目的室の設置など幅広いご利用層を意識した設備の充実
車内 Wi-Fi、全席コンセント、大型荷物スペース設置
エネルギー変換効率に優れた VVVF 制御装置、LED 照明等による省エネ化

 

関連リンク

【速報】273系「やくもブロンズ」、デザイン決定!!

【速報】特急やくも用「273系」発表!新型振り子装置採用・24年デビュー

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



JR西日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO