「広島に地下鉄がない」と出題し炎上したことがある?【電車の雑学研究所 #08】

「広島に地下鉄がない」と出題し炎上したことがある?【電車の雑学研究所 #08】

色々な鉄道の噂を研究する「電車の雑学研究所」シリーズ。ここでは鉄道にまつわる様々な雑学・噂・都市伝説を検証して、皆さんに楽しんで頂くカテゴリーです。

連載は終了しましたが、今回は特別談として「広島に地下鉄がない」と出題して炎上したことがある?」をご紹介します。

 

「中国地方に地下鉄はない」

2019年2月1日。関西の私立大学で上位に入る「関関同立」と呼ばれる1つである関西大学の入試問題にて、こんな問題が出題されました。

「北海道、東北、中・四国、九州の各地方中枢都市には、すべて地下鉄路線がみられる」

北海道(札幌市営地下鉄)、東北(仙台市営地下鉄)、九州(福岡市地下鉄)にはれっきとした地下鉄があるものの、中・四国最大の都市である広島には地下鉄がないことから答えは✕……という趣旨の問題でした。

 

ここで違和感を持ったあなた、流石です。

そう

広島のアストラムラインは地下鉄では?

というツッコミが各所からなされたのです。

 

定義は結構曖昧

アストラムラインは広島市北部を走るAGT路線で、一見地下鉄には見えずどちらかというとニュートラムやポートライナーのような「新交通システム」にあたります。

しかし、市内中心部の本通~県庁前間では地下を走行していますし、日本の地下鉄の団体である「日本地下鉄協会」にも名を連ねています。

またここの一部区間(県庁前~地上部への1.6km)の建設には、当時の運輸省からの地下鉄建設に関する補助金(地下高速鉄道整備事業費補助)」を適用することになり、法的根拠も軌道法となっています。

大阪市営地下鉄を建設する際に「道路下に敷設するのだから(運輸省管轄の)軌道法を適用する」と「鉄道は全て(建設省管轄の)鉄道法」という解釈の違いから運輸省と建設省で過去に対立があり、結局前者が適用された経緯があります。

この解決時に「大阪のケースは今後の前例としない」という取り決めを行ったので、以後の地下鉄は全てが鉄道(営業)法で建設されています。

 

というか、そもそも「地下鉄」に明確な定義があるわけではないので、この問題を出すこと自体が不適切であったといえます。

 

この影響で関西大学は、当該部分を全員正解にし、1人を補欠合格させるという事態になりました。

とはいえ下手に隠蔽せず、きちんと誤りを認めて是正措置を行っているのは評価できますね。

 

関連リンク

【京阪】幽霊が出て駅員がノイローゼになった?(電車の雑学研究所 #07)

「変電所キラー」と呼ばれた機関車がいた【電車の雑学研究所 #06】

 

参考文献

ライブドアニュース「広島に地下鉄がないことを前提にした出題ミス 真の問題点は」

朝日新聞「広島に地下鉄はない? 関西大学入試で出題ミス

 




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

電車の雑学研究所カテゴリの最新記事