【京阪】7000系、今年度からリニューアル開始へ

【京阪】7000系、今年度からリニューアル開始へ

京阪電鉄は、2022年度の安全報告書を9月30日に公開しています。

その中で、同社の主力である7000系車両のリニューアルについて2022年度からリニューアルを開始するとの言及があります。

出典:京阪電気鉄道 1)

 

初めてのVVVF

7000系は1989-92年に登場した京阪本線を走行する車両で、全4編成の少数派系列です。今年で全車が経年30年を超えました。

基本的には革新的デザインであった先代6000系のキープコンセプトモデルで、外観上の変更点といえば

・前面の傾斜がなくなり垂直になったこと
・窓面積が広がり、鋭角的でキリッとした表情になったこと
・側面の窓枠が小さくなったこと

などが挙げられます。

 

京阪としては初めてVVVFインバータ制御を用いた系列でもあり、京阪と仲が深い東洋電機の官能的なサウンドを楽しめます。

厳密には京阪で初採用されたVVVF車は6000系の6014Fで、このうち三条方の3両(6014・6614・6114)がVVVF試験車として、界磁制御の他5両と連結して走行していました。

現在はこの3両が7000系7004Fへと組み込まれており、反対に7004Fから3両が6014Fへ転出するなど若干ややこしい状態となっています。

顔つきも6014F(写真左側)は7000系顔、7004F(写真右側)は6000系顔になっています。

 

先輩である6000系のリニューアルも残り2本というところまで進んでおり、以前もお伝えしたように2022年度中には全車がリニューアルを終える予定です。続いて、後輩分である7000系に着手していくようですね。

 

6000系のリニューアルメニューとしては

・車内LCDモニタの設置
・行先表示機のフルカラーLED化
・窓枠の黒塗り化
・標識灯をLEDに変更
・内装を最新系列である13000系に準じたものへリニューアル
・ドア色のグレー化

などが行われていますが、7000系でも同様のリニューアル工事が施工されるのでしょうか。

 

関連リンク

【京阪】6000系、2022年度に全車両のリニューアル完了へ

【京阪】値上げと引換に「新車2編成と4駅にホームドア」を導入へ

【京阪】列車接近表示を4駅で、駅放送システムを60駅で更新へ

 

参考文献

  1. 京阪電気鉄道「安全報告書2022

気ままにTrain撮影さんのツイート




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

京阪電鉄カテゴリの最新記事