【京阪】6000系、2022年度に全車両のリニューアル完了へ

【京阪】6000系、2022年度に全車両のリニューアル完了へ

京阪電鉄の広報誌「K PRESS」において、京阪6000系全車両のリニューアル工事が2022年度末で完了するとの記載がありました。

6000系は、同一形式としては2番目の本数となる全14編成が在籍していますが、2021年度末時点で6012F・6014Fが未更新の状態となっています。

 

1983年、6000系は京阪電車のイメージを刷新した(当時としては)斬新なスタイルで登場。現在は各駅停車から優等種別まで幅広い運用に就いています。

経年度合いが目立ってきたことからか、2013年から内装の更新工事をスタート。

大きな袖仕切りの設置やLED式の行先表示機など、13000系と同じレベルの内装へと進化しています。

 

関連リンク

【難易度高】京阪の転売対策がガチと話題に

【撮影記】6年ぶりに京阪の朝ラッシュを撮影してきました

 

参考文献

京阪電気鉄道広報部「K PRESS 2022年6月号」

鳩 ヶ 峰さんのツイート



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

京阪電鉄カテゴリの最新記事