【大減便の衝撃】京阪、毎時4本化・深夜急行廃止へ

【大減便の衝撃】京阪、毎時4本化・深夜急行廃止へ

ここまでやるとは…。

京阪電鉄は、2021年9月25日にダイヤ変更を実施すると発表しました。

現在、2019年比で輸送人員が平均3~40%程度落ち込んでおり、京都新聞によると15~20%程度の減便が行われると報道されています。

 

京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:平川良浩)では、2021 年 9 月 25 日(土)に京阪線・大津線においてダイヤ変更を実施いたします(中略)

お客さまの志向の変化や需要の平準化に対応するため、ウィズコロナ・アフターコロナの社会を見据え、ご利用状況に応じた運転本数の見直しや最終列車の繰り上げなどを実施します。

出典:https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2021-07-08_diagram.pdf

 

 

データイム毎時4本化

現行ダイヤでは普通・準急・特急がそれぞれ10分ごと、毎時6本やってくるダイヤでしたが、今回のダイヤ変更では普通・準急・特急が毎時4本と減便されます。

一方で減便を補完するように、快速急行の運行が久しぶりに復活します。

特急:淀屋橋~出町柳(毎時6本→4本へ減便)
快速急行:淀屋橋~出町柳(毎時2本を新規増設)
準急:淀屋橋~出町柳(毎時6本→4本へ減便)
普通:中之島~萱島・枚方市(毎時6本→4本へ減便、各行先2本づつ)

 

それぞれ15分サイクルになることから、競合路線がいる路線では非常に厳しいダイヤとなりますね。

例えば、谷町線と並走する野江・関目・千林などでは谷町線が6分サイクルなのに対し、京阪が15分サイクルと本数に2.5倍近くの差が出てしまいます…。

 

 

出典:https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2021-08-20_keihan-diagram.pdf

京橋駅での12時台におけるダイヤが発表されていたので追記しました。

普通は毎時0、30分が枚方市行き、15、45分が萱島行きとなります。

快速急行は特急の2分後を走ることから、大阪~京都の広域都市間輸送については13~5分待ちになる時間帯が出てきます。

 

 

守口市ユーザーには嬉しい?

一方、守口市・寝屋川市・香里園ユーザーにとっては利便性が上がるダイヤに変化します。

これまでデータイムにおいては、普通と準急のみが運行される毎時12本(普通6・準急6)ダイヤでしたが、今回快速急行が追加運転されることで減便の影響をあまり受けず、かつ京都方面へ早く到達できるダイヤになります。

更に、着座が保証されるプレミアムカーの予約・乗車も可能となり、非常に優遇されるダイヤとなりそうです。

 

【これまで】
京都方面へは準急のみ、萱島から各駅停車かつ枚方市で特急に乗り換える必要があった
プレミアムカーなどない。

【ダイヤ変更後】
快速急行が運転されることで、乗換なしで京都まで到達できるように
プレミアムカーに乗車可能

 

 

夕ラッシュの12分間隔化

平日17時以降における各種別の運転間隔を、現行ダイヤから変更します。

17~20時台…現行10分サイクル→12分サイクルへ
21時台…現行12分サイクル(変更なし)
22時台…現行12分サイクル→15分サイクルへ

 

 

支線の減便

交野線・宇治線の両支線は、毎時6本から4本へと減便されます。

おそらくは15分ごとのパターンダイヤ化でしょうか…。地味に痛いですね。

交野線・宇治線:毎時6本→4本へ減便

 

 

深夜急行廃止

日本で唯一のレアな種別「深夜急行」ですが、この淀屋橋0:20発深夜急行は廃止となります。

深夜急行は2008年の中之島線開業ダイヤ時から登場しましたが、現在2021年4月30日からの減便ダイヤ修正の影響で運転されておらず、このままいくと4月29日が最後の運行ということになります。

いずれにしても、このレアな種別は13年で役目を終えることになりそうです。

 

 

終電の約20分繰上げ

前述の深夜急行の他、終電の繰上げもあわせて行われます。

早いところで20分前後の繰上げも見られます。

・淀屋橋…特急三条行きは23:40→23:33発に(7分繰上げ)
準急淀行きは0:04→23:45発に(19分繰上げ)

・中之島…普通萱島行きは0:08→23:50発に(18分繰上げ)

・出町柳…急行淀屋橋行きは23:26→快速急行23:15発に(11分繰上げ)
普通枚方市行きは0:00→特急枚方市23:39発に

・交野線…枚方市0:20発→0:01発に(19分繰上げ)

・宇治線…中書島0:19発→23:58発に(21分繰上げ)

 

始発時間の変更

淀屋橋では、現在の5:04発の始発を5:33発へと大幅に繰り下げる一方、中之島駅発の始発を5:12から5:00へと繰上げます。

これにより、淀屋橋駅周辺から乗車する場合は、大江橋駅の始発列車(恐らく5:06頃)の方が早くに出発することとなりました。

 

 

快速急行のP車接続

史上初、快速急行においてもプレミアムカーの運行を実施することになりました。

これまで車両が連結されていても、特急と一部の急行以外では締め切られていました。

 

ライナーの増発

ラッシュ時に8000系車両で運行されている「ライナー」を3本増発するようです。

朝:1本増発(樟葉発淀屋橋行き)
夕:4本増発(淀屋橋発出町柳行き)

 

 

詳細なダイヤはまだ出ていませんが、果たしてどのようなダイヤが出てくるのでしょうか…。

 

関連リンク

【京阪】深夜急行運休、特急20分サイクル化などの臨時ダイヤを実施

京阪HD、45億円の赤字計上(2020年度決算)

【速報】京阪、6連復活を正式発表。設定は17年ぶり

 

参考文献

京阪電鉄「2021 年 9 月 25 日(土)に京阪線・大津線においてダイヤを変更します ご利用状況に応じた運転本数の見直しや最終列車の繰り上げを実施します」

京都新聞「京阪電鉄、過去最大の減便 終電も最大20分繰り上げ、9月25日から

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

京阪電鉄カテゴリの最新記事