京阪HD、45億円の赤字計上(2020年度決算)

京阪HD、45億円の赤字計上(2020年度決算)

京阪ホールディングス株式会社は、2020年度(2021年3月期)の決算を発表しました。

それによりますと、黒字か赤字かを示す「親会社株主に帰属する当期純利益」は、45億円の赤字決算となっています。

 

前年度との比較

売上高 営業利益 純利益
2020年度 2534億1900万円 12億6500万円の赤字
45億7400万円の赤字
2019年度 3171億300万円 311億2300万円の黒字 201億2100万円の黒字

※営業利益…営業によってもたらされた金額。
純利益…税金を支払ったり補助金額を足しての金額

営業利益、純利益共に赤字転落です。売上高は前年度比で▲20.1%となっています。

 

不動産業が奮闘

鉄道・バスなどの運輸業は96億円の赤字だったものの、不動産業が185億円の黒字を出してカバーするなど奮闘しています。

分譲マンション「ファインシティ西宮甲子園」「ファインレジデンス南草津」などの関西圏、およびが「ファインシティ新越谷」「ファインシティ札幌平岸」など関西圏以外へもの進出を果たすなど積極攻勢です。

京阪電気鉄道のみに限ると、売上高は前年度比マイナス27.7%の550億5100万円、営業利益は66億7400万円の赤字でした。

 

ダイヤ改正による3000系プレミアムカーの導入ライナーの増発などの付加サービス拡充や、京都七条周辺を回遊するバス「ステーションループバス」の梅小路延伸なども行いましたが、赤字を埋めるには至りませんでした。

 

関連リンク

【動画#101】Youtubeで最新動画公開!今回は「七条から京都駅を走るエレガントなバスに乗ってきた!」です!

 

参考文献

京阪ホールディングス株式会社「2021年3月期決算補足資料



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

22日(火)
23日(水)
24日(木)
  • なし
25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
  • ↑↓
29日(火)
  • ↑↓
30日(水)
1日(木)

京阪電鉄カテゴリの最新記事