京阪名物、『女学生・児童優先車両』が運行終了?

京阪名物、『女学生・児童優先車両』が運行終了?

京阪の朝ラッシュ時に運行されていた「女学生・児童優先車両」が、2021年1月31日のダイヤ改正をもって運行を終了した模様です。67年の歴史に幕を閉じます。

 

 

「専用車」としてスタート

「女学生・児童優先車両」は、1954年に聖母女学院生徒専用列車として運行がスタート。

時代の変化と共に「優先車両」となるなど変遷はありましたが、女性専用車両が設定された後も67年に渡って運行されてきました。

設定される列車はダイヤによってまちまちですが、以前のダイヤでは「区間急行樟葉行き」、2006年頃には「普通香里園行き」など、概ね天満橋を7時台に出発する電車に取り付けられてきました。

 

女子校時代、1954年から数年間「聖母女学院専用列車」という通学専用列車が運行されており、校則でもこの電車に乗ることが決められていたそうです。その後、一部の車両が「女学生・児童優先」となりましたが、この学校の共学化に伴ってこの設定も無くなったそうです。

出典:開成教育グループ「香里ヌヴェール学院にお邪魔してきました(環境・伝統編①)」

※2019年の上記サイトでは「なくなった」と書かれていますが、この時点ではまだ設定がありました。

 

 

しかし、2021年のダイヤ改正以後は運行が確認されておらず、消滅したものとみられます。(京阪からの公式リリースはありません。)

尚、聖母女学院は香里園にある女学校でしたが2017年から共学化をおこない、現在は「香里ヌヴェール学院中学校・高等学校」として運営されています。

 

関連リンク

【撮影記】6年ぶりに京阪の朝ラッシュを撮影してきました

【京阪】5000系の引退は2021年6月?

 

 

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
23日(土)
24日(日)
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

京阪電鉄カテゴリの最新記事