京阪HDは95億円の黒字転換!鉄道も復活へ(2021年度決算)

京阪HDは95億円の黒字転換!鉄道も復活へ(2021年度決算)

京阪ホールディングス株式会社は、2021年度(経済用語では2022年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると黒字か赤字かを示す「親会社株主に帰属する当期純利益」は、純利益(黒字)額は95億8900万円となりました。

上場企業の決算は3ヶ月(四半期)に1度開示されます。今回は4月1日から3月31日までの1年間を振り返る締めの決算となります。

 

 

前年度との比較

売上高営業利益純利益
2021年度2581億1800万円134億800万円の黒字95億8900万円の黒字
2020年度2534億1900万円12億6500万円の赤字
45億7400万円の赤字

※営業利益…営業によってもたらされた金額
純利益…税金を支払ったり補助金額を足しての金額

赤字に落ち込んだ昨年ですが、今期は一転黒字転換となりました。

 

部門別

セグメント(部門)別に見ると、赤字だったのはレジャー・サービス業(とその他)のみ、鉄道・流通・不動産業は黒字となっています。

セグメント営業利益
運輸業(京阪・叡山等)1億7300万円(内鉄道)11億400万円
(内バス)▲9億5400万円
不動産業(ファインタワー等)225億9300万円
流通業17億7600万円
レジャー・サービス業(ホテル京阪等)▲93億2400万円
その他事業▲13億9300万円

特に、鉄道が(ギリギリとはいえ)黒字転換を果たしているのが印象的です。

京阪公式としては、ダイヤの見直しやライナーの増発、叡山電鉄の全線復帰などを理由に挙げています。

 

関連リンク

京阪HD、45億円の赤字計上(2020年度決算)

 

参考文献

京阪ホールディングス株式会社「2022年3月期決算補足資料

京阪ホールディングス株式会社「2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」2022年5月11日

 

今週の鉄道イベント情報

7月4日(木)
7月5日(金)
7月6日(土)
7月7日(日)
7月8日(月)
7月9日(火)
7月10日(水)
7月11日(木)
7月12日(金)
7月13日(土)
7月14日(日)



京阪電鉄カテゴリの最新記事