三重には「なろう系鉄道」がある?【特集】

三重には「なろう系鉄道」がある?【特集】

ここ近年よく見る「なろう系小説」ですが、驚くべきことに三重県には2つの「なろう系鉄道」があるのをご存知でしょうか。

なろう系小説とは

「小説家になろう」という小説の投稿サイトに掲載し、その結果商を獲ったり商業誌デビューした作家の作品のこと。
定型的なパターンがあることから、「なろう系」という呼ばれ方をされます。<詳しくはニコニコ大百科から

 

 

✕なろう系◯ナロー系…

出オチがすごいですが、その正体は<なろう系鉄道>こと「四日市あすなろう鉄道」です。

近鉄四日市から出ているこの路線は、線路幅が新幹線の半分(762mm)しかない鉄道です。

このレールゲージは、細いという意味の「ナロー(nallow)」ゲージという呼ばれ方をします。

線路幅がナローなので、電車もナローなものが使われています。

車内は、座席が1+1しかない新交通システムもびっくりの細さ。

そんなあすなろう鉄道は、3両編成の細長い電車で四日市市内を走っています。

 

もう一つの「なろう系鉄道」

三重県にはもう一つの「なろう系鉄道」があります。それが三岐鉄道です。

先程の「四日市あすなろう鉄道」にほど近い三重県の西桑名駅から出ている路線で、「ナロー」なのは北勢線と呼ばれる路線の方です。

こちらも762mmのレールゲージとなっています。

 

関連リンク

【なろう系鉄道】三岐鉄道、コロナ拡大で減便を発表

【転生したら阪堺電車やった件】#転スラ路面電車 を運行開始

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



コラム・ネットリテラシーカテゴリの最新記事