【2022/05】なにわ筋線 大阪駅周辺の工事状況を見てきました

【2022/05】なにわ筋線 大阪駅周辺の工事状況を見てきました

旧梅田貨物駅跡地にて2023年開業予定である「なにわ筋線 JR大阪駅」の工事が進んでいます。

これまでは「うめきた」「北梅田」などと仮称で呼ばれていましたが、2020年3月に「大阪駅になる」と正式決定がなされました。 大阪駅とは150mの距離で改札内での乗換連絡となります。

 

駅工事は大鉄工業・清水建設のJVが担当しています。

前回は2020年10月に訪れていましたが、今回2年ぶりに現地の様子を見てきました。

 

階上から

上階から新しい大阪駅周辺の全景。

駅開発にあわせ、タワーマンションなど高層ビルが数多く立ち始めています。

駅北側に位置する「北街区賃貸棟」が先行的に着工しています。

敷地面積は8,400㎡、地上26階建・地下3階建てで、オフィスやヒルトン大阪梅田(ホテル)が入ります。

【北街区賃貸棟のフロア構成】

10-25階:ヒルトン大阪梅田(ホテル)
3-9階:オフィス
1-2階:商業施設

 

出典:竹中工務店『「(仮称)うめきた 2 期地区開発事業」工事着手』

完成イメージ。

また、左手(南側)には地下隧道らしき姿が見えますが、これは駅ではなく都市公園の一部なのだそうです。

「ネクストイノベーションミュージアム」と名付けられたこの空間は、地下に作られます。

 

地平から

こちらは貨物線西側からの光景。

貨物列車が通過していきました。この光景も地下化すると見れなくなりますねぇ

中津駅周辺にて。工事もかなり進んできています。

 

バックナンバー

「なにわ筋線」のルートは?いつ完成予定?がわかるまとめを作りました

【なにわ筋線】うめきた新駅・中之島駅の工事状況を見てきました

【2020/10】なにわ筋線 大阪駅(うめきた)の工事状況を見てきました



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

JR西日本カテゴリの最新記事