【名鉄】移設される三河知立駅を見てきました

【名鉄】移設される三河知立駅を見てきました

現在、2028年度完成を目指して名鉄知立駅周辺の高架工事がスタートしており知立大要塞こと知立駅は大きく動いています。

そんな知立駅から支線に乗って1駅行ったところに、「三河知立駅」という小さな駅があるのをご存知でしょうか。

実は、この駅知立駅の巻き添えで高架化の対象となっている他、2024年3月に現在の位置から移設されてリニューアル開業することになっています。

 

中学校近くへ移設

三河知立駅は、1915年に三河鉄道の初代知立駅として開業しました。

その後、1923年に愛知電気鉄道が新知立駅(現在は廃止)を開業。両駅は乗換駅となり、知立町→知立市の発展に大きく寄与することになりました。

愛知電気鉄道は幾多の合併を経て大きな鉄道会社「名古屋鉄道」へと変貌。名古屋鉄道は三河鉄道を吸収合併します。

その際、三河鉄道知立駅は「三河知立駅」として名称を変更して現在まで残されました。

 

現在でこそ1面2線だけの小さな駅ですが、かつてターミナル駅であった名残から敷地は広く、現在でも留置線が備わっています。

この敷地をそのまま高架にすると費用がかさむことや、知立駅から近く駅勢圏が被ることもあって、竜北中学校の近く(山町茶碓山)へ平面で移設されることになりました。

 

出典:知立市「知立駅付近連続立体交差事業に伴う三河知立駅の移設について」

所在地:知立市山町茶碓山
駅施設:相対式ホーム2面2線(当駅より知立駅までは複線)・留置線1線
形態:平面駅(元国道1号から知立駅方面が高架)
その他:駅前広場・公共駐輪場・駅アクセス道路の整備

 

現在の様子

かつては大きな駅舎が建っていたそうですが、1994年には現在のこの駅舎へと切り替わっていたそうです。

ホームは2・3番線が稼働。1番線は使われていない線路で、かつて名古屋本線への連絡線として機能していたのだそうです。

 

関連リンク

【名鉄】知立駅の高架化事業が進行中。2028年度完成予定

【名鉄】新鵜沼駅が「シン・ウヌマ」に!ウルトラマンとコラボ

【名鉄】有松駅でLCD発車標を試験中。新陽社製のものか

4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
4月25日(木)
4月26日(金)



名古屋鉄道カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock