271系はるか、野洲・日根野車両基地へ入線ツアーを実施

271系はるか、野洲・日根野車両基地へ入線ツアーを実施

JR西日本と日本旅行は、271系「ハローキティはるか」を臨時で運用し、「網干総合車両所 野洲派出所」と「吹田総合車両所 日根野支所」へ入線するツアー列車『271系新型ハローキティ はるかで行く 車両基地入線 日帰りの旅』 を運行すると発表しました。

但し、車庫内で下車は不可能とのことです。う、うーむ……。

 

西日本旅客鉄道株式会社では、安全安定輸送に取り組む鉄道事業のさまざまな場面をご紹介し鉄道の魅力をお伝えする取り組みの一環として、野洲・草津・京都~関西空港を結ぶ特急「はるか号」で使用している「ハローキティ はるか」に乗車し、通常では営業運行していないルートを体験いただく旅を株式会社日本旅行と共同で企画しました。
ぜひ多くの方々にご参加いただき、鉄道の魅力を感じていただければと思います。

出典:JR西日本、日本旅行『鉄道の魅力が満載!「271系新型ハローキティ はるかで行く車両基地入線 日帰りの旅」発売について 』

 

ツアー概要

参加費は大人一名で14,800円。2名申込時の1名利用は12,800円となります。

小学生は10,800円、幼児3,000円です。

【運行スケジュール】

運行日:2021年11月23日
ダイヤ:新大阪10:08→野洲派出所 11:04~11:41(電留線に入って折返し)→日根野13:12~15:21(運転台での記念撮影や洗車体験など)→天王寺 阪和線ホーム15:48

尚、冒頭でも書いたように全ての車両基地内での下車はできません。

車内ではお弁当が用意されます。大人には「ハローキティ版ひっぱりだこ飯」、小学生のお子様には「923型ドクターイエロー弁当」、幼児のお子様には「パンダくろしお弁当」がついてきます。

 

撮る側としては、「はるか」が午前と夜間のみにしか入線しない京都~野洲間において日中に撮影できるメリットがありますね。

もう一つは「271系」と敢えて銘打って販売されているあたり3両単独、もしくは2つを繋げた6両編成で走ると思われるので、そこは珍しい風景になるかもしれませんね。

果たしてどれほどの人気となるのでしょうか。

 

関連リンク

JR西日本、特急がナイアガラ状態で目も当てられないと話題に

【おかえり】新型はるか271系、ニートレインから復帰して試運転開始!

【今だけ】車庫でニートレイン中の「はるか」を見てきました

 

参考文献

JR西日本、日本旅行『鉄道の魅力が満載!「271系新型ハローキティ はるかで行く車両基地入線 日帰りの旅」発売について

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)

JR西日本カテゴリの最新記事