【おかえり】新型はるか271系、ニートレインから復帰して試運転開始!

【おかえり】新型はるか271系、ニートレインから復帰して試運転開始!

コロナウイルスによるインバウンドの需要減少に伴い、長らく車庫内で眠り続けていた新型はるか「271系」車両ですが、2021年2月1日に試運転をスタートさせました。

運転区間は関西空港~天王寺間で、天王寺では普段入線しない阪和線1番ホームへ乗入れました。

271系は2020年3月14日のダイヤ改正でデビューしたものの、4月から「はるか」の減車に伴う運用変更のためわずか17日だけしか運用に就けず、長らく日根野や鳳にある車庫で留置され続けていた状態でした。

 

ニートレインとは

余剰や重度の不具合などで出番がなく、車庫にて眠っている車両に対する俗称。
「ニート(働かない)」+「トレイン(電車)」がくっついた造語。271系の場合は前者の「余剰」にあたります。

 

 

1年ぶりに姿を見せた271系

新型の271系車両。今回は天王寺方に281系6連と、関空方に271系3連を繋いだ9連で試運転列車が運行されました。

 

281系は通常通りでしたが、271系は車内のカーテンが閉められた状態でした。

 

阪和線内は通常通りですが、唯一天王寺駅だけは阪和線ホームに到着。オレンジ色の駅名標と並ぶ姿はちょっとめずらしいかも。

 

今回は281系がHA602編成、271系がHA651編成での組成でした。

 

阪和線1番ホームからは、普段絡めるのが難しい日本一の高層ビル「あべのハルカス」とのコラボも可能でした。

 

271系は2020年4月に運休して以来、おおよそ1年ぶりに姿を見せたことになります。

2021年3月のダイヤ改正から一部はるかの9連運用が復活すること、またあわせて271系車両の運行復活を示唆したリリースが出ていることから、今回の試運転はその準備の為とみられます。

 

・朝通勤時間帯の「はるか1,2,4,15 号」を9両編成での運転を再開します。
※2020 年3月に投入した新型車両を一部使用

出典:西日本旅客鉄道「2021年春ダイヤ改正について」

 

 

関連リンク

【JR西日本】2021年3月のダイヤ改正内容を発表!ざっくりと注目点をまとめました

【JR西日本】コロナウィルスで「はるか」縮小を発表。271系はニートレインになるか…?

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

26日(月)
27日(火)
28日(水)
29日(木)
30日(金)
31日(土)
1日(日)
2日(月)

JR西日本カテゴリの最新記事