【京成】876億円の黒字決算!2年連続の過去最高更新(2023年度)

【京成】876億円の黒字決算!2年連続の過去最高更新(2023年度)

京成電鉄株式会社は、2023年度(経済用語では2024年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると、今期の売上高は2965億900万円、純利益(黒字)額は876億5700万円となり、2年連続の過去最高、および4期連続の増収となりました。

この好調を受け、今期の1株あたり配当が20円から36円へと大幅にアップしています。

 

やはりインバウンド

南海電鉄と同様に、この好調ぶりの背景にはインバウンド効果があります

やはり成田空港への輸送を担当する「スカイライナー」が好調で、1日平均の輸送人員が2022年度比で2.3倍の17,500人、輸送収入は2倍の69億円となりました。

業種売上高営業利益
運輸業(京成電鉄、バス)1803億円119億円
流通業562億円4億円
不動産業335億円100億円
レジャー・サービス業170億円7億円
建設業314億円18億円

京成電鉄は、運輸業の比重がかなり高め(42%)になっていますね。

昨今は多角事業化に舵を切る鉄道企業が多いですが、ちょっと意外な印象です。

また、新京成電鉄の子会社化の影響で、売上高が100億円、利益が11億円それぞれ上乗せされています。

 

投資ファンドからOLC売却の要請

ところで、現在京成電鉄は第5位の株主であるイギリスの投資ファンド「パリサーキャピタル」社から、京成が保有しているオリエンタルランド(ディズニーランドの運営企業)の持ち株比率を、現行の19%から15%未満に売却して減らすよう求められています。

売却した分の利益を、投資と株主還元に充てろ…という要求が背景にあります。

この期待感が市場でもあり、京成電鉄の株価は2,000円台程度で推移していたのが、24年5月1日現在5,800円と倍増しています。

京成もこの対応に苦慮しているようで、新京成電鉄や関東鉄道をM&Aしたのはこれが背景にあるものとみられます。

 

関連リンク

「さよなら新京成電鉄」…京成が吸収合併へ

京成電鉄、オリエンタルランド株の売却を提案される

【南海】過去最高、239億円の黒字決算発表(2023年度)

参考文献

kabutan「京成、今期経常は13%増で2期連続最高益更新へ

日本経済新聞「京成、脱「鉄道偏重」に難路 OLC株巡り株主の圧力

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



京成電鉄カテゴリの最新記事