【悲報】500系新幹線が4編成引退へ…N700系を短縮改造して転用

【悲報】500系新幹線が4編成引退へ…N700系を短縮改造して転用

JR西日本は、2026年度末までに500系新幹線のうち4編成を順次廃車にすると発表しました代替車両となるのはN700系を8連に短縮させた編成です。

 

玉突きで…

JR西日本では、最新系列のN700S系を2024年~26年度にかけて4編成投入します。

その玉突きで、現在運行しているN700系の4編成を16両編成から8両へ短縮改造し、山陽新幹線内の「こだま」等に充てるようです。

更に、N700系の短縮改造車投入で余剰となる500系新幹線の全6編成のうち、4編成を用途廃止にする意向であると発表しています。

すなわち、4編成が完全に廃車となるのは2027年3月のダイヤ改正となるでしょうか。

 

500系新幹線は300km/h運転ができる初の新幹線として1996年に落成。他にはない色使いや鋭角的なフォルムから、今なお人気で親しまれている、JR西日本を代表する新幹線車両です。

合計9編成が増備されましたが、2024年現在は3編成が廃車となり、6編成が運用に就いています。

W1編成が2014年に、W5/W6編成が2022年に廃車となりました。
このうちW1編成の先頭車は、現在京都鉄道博物館にて展示・公開されています。

2008年からは後継車両であるN700系の増備に伴い、16両編成から8両編成へ短縮改造が行われ、現在の運用に至っています。

「のぞみ」用車両としては1997年以来11年、「こだま」用車両としては2008年以来16年の運用歴を誇ります。

8両短縮化改造後は、その知名度を活かし様々なカラーバリエーションが展開されました。

2024年現在は「ハローキティ新幹線」として新大阪~博多間で運用されています。

 

開発者の予言通りに

500系新幹線の開発を担当された仲津英治氏が、2010年に学術誌内で次のように発言しています。

500系のぞみ号はトンネル突入による圧力変動が小さいため、揺れも少なく、乗り心地が良いとお客様に評判であった。さらに私は、こだま号になっても圧力変動が小さいことにより、金属疲労が起こりにくく、車体が長持ちしてくれるのではないかと期待している。

出典:JREA 2)

まさにこの予言通り、500系新幹線は他の車両と比較して、圧倒的な長寿命を実現しているのですね。

同文献には、先代の300系新幹線と比べて走行抵抗が70%程度であると記載されています。

 

 

◀Tetsudo.comへ戻る

 

関連リンク

『500系新幹線』の時刻表・運用車両まとめ | 2023年3月改正版

【可愛い500系】ハローキティ新幹線に乗ってきた!

【JR西日本】「ひかりレールスター」は500系より先に引退?

参考文献

  1. 西日本旅客鉄道株式会社「山陽新幹線の安全性・快適性の向上
  2. JREA「らくがき帳 自然に学ぶ」、2010年9月、仲津英治
  3. Shinya- Ohnishiさんのツイート

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



JR西日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock