【JR西日本】「ひかりレールスター」は500系より先に引退?

【JR西日本】「ひかりレールスター」は500系より先に引退?

共同通信が「700系7000番台(ひかりレールスター)は500系よりも先に引退する」と報じています。

JR西日本が抱えるドクターイエローのT5編成は2020年代後半までは運用する見通しだ。

JR西日本が運用中の最も古い新幹線車両は500系だが、山陽新幹線の最高時速300キロで運転することが可能だ。そこで500系より新しいものの、最高時速が285キロにとどまるひかりレールスター700系を「先に引退させることを計画している」(関係者)という。

出典:共同通信 2)

2024年2月にプレスが、またそれにあわせて新興メディアがJR西日本から直接「700系ひかりレールスター車両に関しては置き換えの計画はない」という言質を取っていることから、この話はガセ話と思われます。

 

500系よりも年下だけど…

元ネタとなったのは、ドクターイエローの動向について書かれた記事

ドクターイエローに関しては、その殆どが記者の予想というあまり信憑性が高くない記事ですが、その中にさらっと「関係者談」としてレールスター車両の動向に記載があります。

結果的にこの話も信憑性が高くないうちの一つになりましたね。
裏付けのない記者の適当な予想だったのでは…?と邪智してしまいます。

論旨としては700系ベースであるドクターイエローの廃止→レールスターも廃止→速度を300km/hに合わせる、という文脈でレールスターの廃止について語られました。

かつては「上質なひかり」として、専用カラーを纏って君臨したひかりレールスターですが、現在は役目を九州新幹線へ直通する「さくら」に譲っており「こだま」運用がメインです。

「ひかりレールスター」として運行されるのは、新下関発岡山行きのひかり590号(新下関6:11発)だけとなっています。

ひかりレールスターは2000年のデビュー。1997年デビューの500系よりも年下になりますが、先の引退となることには少し驚きですね…。

 

500系は今でも300キロで走れる?

よく「500系は短編成(V編成)化で最高速度を落とした」とされていますが、実際には現行のV編成でも設計最高速度については305km/hが維持されており、300km/h走行は可能のようです。

「500 TYPE EVA」のパンフレットに記載があるようです

現在載せているパンタグラフは700系をベースに製造したシングルアームの「WPS208形」ですが、製造時についていたのはT形の「WPS204形」でした。

鉄道ファンの中では「このパンタグラフが300km/h走行に対応していない」という説が論じられますが、あまり関係ないのでしょうか…?

 

関連リンク

『500系新幹線』の時刻表・運用車両まとめ | 2023年3月改正版

【可愛い500系】ハローキティ新幹線に乗ってきた!

赤ちゃん連れで乗る新幹線。座席選びのコツやポイントを紹介します!

参考文献

  1. 東洋電機技報「500系新幹線短編成用パンタグラフ」東洋電機製造、2009
  2. 共同通信「「新幹線のお医者さん」のドクターイエロー、現行車両でその活躍にいよいよ幕? 2020年代後半で引退と考える3つの理由「鉄道なにコレ!?」」(信濃毎日新聞デジタル内)、2023年11月14日
  3. San Rapiさんのツイート

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



JR西日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock