草津線から「国鉄型」113系・117系が引退へ

草津線から「国鉄型」113系・117系が引退へ

長らく活躍してきた緑色の113系・117系が、草津線から3月末で引退すると草津駅構内に掲示されたポスターから明らかになっています。

後継車両は221系・223系・225系となるようです。

 

40年のベテラン

草津線は関西線と接続する柘植(三重県)から、東海道線と接続する草津(滋賀県)までの間を走る、37kmの路線です。大回り乗車でお世話になった方も多いのではないでしょうか。

113系は草津線が電化した1980年から43年間、117系は新快速運用から離脱後から活躍してきました。

どちらも国鉄時代に製造された車両で、元々113系はオレンジと緑のかぼちゃカラー(湘南色)でしたが、現在は緑色に統一されています。

 

大きく動くJR西の車両運用

今回のダイヤ改正では、和田岬線の103系が207系へ切り替わったり、元阪和線の223系2500番台が嵯峨野線へ転属するなど、大規模な車両の変動を見せています。

現在でも草津線から大阪へ直通する電車は223系(1000番台・2000番台)・225系が使用されていますが、各駅停車用としては嵯峨野線と同じく223系2500番台(と221系)が使用されるものとみられます。

 

関連リンク

223系2500番台(元日根野車)、R51/52編成として誕生…嵯峨野線へ転属?

参考文献

急行ちどりさんのツイート

 

今週の鉄道イベント情報

6月9日(日)
6月10日(月)
6月11日(火)
6月12日(水)
6月13日(木)
6月14日(金)
6月15日(土)
6月16日(日)
6月17日(月)
6月18日(火)
6月19日(水)



JR西日本カテゴリの最新記事