スルッとKANSAIがQRコード乗車券「スルッとQRtto」を発表!関西私鉄5社+大阪メトロで採用へ

スルッとKANSAIがQRコード乗車券「スルッとQRtto」を発表!関西私鉄5社+大阪メトロで採用へ
出典:スルッとKANSAI 1)

スルッと KANSAI 協議会は、乗車券のデジタル化を促進する為、QRコードを活用したデジタル乗車券サービス「スルッとQRtto」を発表しました!!

サービス開始は2024年6月頃からスタートとなります。

スルッとQRtto」は大阪メトロ・大阪シティバスと、関西私鉄5社(京阪・南海・近鉄・阪神・阪急)からサービスを開始し、今後関西一円へと広げていきたい考えです。

 

名前の由来は?

「スルッとQRtto」の名称の由来は以下の通り。

スルッと QRtto(スルッとクルット)

〔ネーミングコンセプト〕 ~ QR + くるっとまわる ~
QR コードで、くるっと関西一円を楽しめる。QR コード乗車券の高い利便性で、さまざまなところ
へお出掛けする感覚を表しています。

出典:スルッとKANSAI 1)

スルッとKANSAIの「スルッと」と、QRコードの「QR」、そして「くるっと回る」をそれぞれかけあわせた言葉です。

 

何に使う?

対象となるのは、スルッとKANSAI加盟事業者が発行するお得な乗車券(企画乗車券)です。

例えば大阪メトロでは、1日乗車券をこのQRコード・サービスで展開するとしています。

現在の乗車券には「切符」の他に「PiTaPa」「ICOCA」などのICカードサービスがある上、QRコード決済は処理速度にやや難がありますが、スピードがそこまで必要とされない企画乗車券向けならば適任ですね。

 

各私鉄の状況

京阪電鉄

京阪電鉄では。本線系統と石清水八幡宮ケーブルにて改札機を導入するとのことです。

南海電鉄

現時点(15時)でリリースはありませんが、既に難波などの一部駅ではQRコード改札機の設置が完了しています。

阪神電鉄

阪神電鉄では2023年11月頃から尼崎駅などで改札機の更新を進めていますが、今回のサービスにも対応できるようQRコードの読み取り部分が存在しています。

阪急電鉄

阪急電鉄では、全87駅に今回のQRコード改札機を設置します。

 

関連リンク

【南海】VISAカードで改札を通れる!日本初の実証実験を見てきました

【どマイナー】「保証金預託制PiTaPa」申込終了へ

【JR西日本】「モバイルICOCA」いよいよ出発進行!

参考文献

  1. スルッとKANSAI「QR コードを活用したデジタル乗車券サービスの開始時期とサービス名称「スルッとQRttoク ル ッ ト」の決定について
  2. 京阪電鉄「京阪電車として初となるQRコードを利用した乗車サービスを開始
  3. 阪神電鉄「2024年6月からQRコードを活用したデジタル乗車券サービスを開始します
  4. 阪急電鉄「阪急電鉄の全 87 駅でQRコードを活用したデジタル乗車券のサービスを2024年 6 月より開始します
  5. 大阪市高速電気軌道「「e METRO」アプリでQRコードを活用したデジタル乗車券サービスを提供します

関西系私鉄カテゴリの最新記事