伊予鉄道、「ICOCA」を導入へ

伊予鉄道、「ICOCA」を導入へ

伊予鉄グループは、伊予鉄道の市内電車(路面電車)、および伊予鉄バスの松山空港リムジンバスに、ICOCAを導入すると発表しました。

また、これにあわせて全国10種類のICカードについても利用が可能となります。

伊予鉄道で使えるカードは、これまで独自規格の「い~カード」だけでした。

 

オーソドックスな10種類

利用できるカードの詳細については以下の通り。

【利用できるICカード】
ICOCA(JR西日本)

Kitaca(JR北海道)・Suica(JR東日本)・PASMO(関東私鉄)・manaca(名鉄・名古屋市交通局)・TOICA(JR東海)・PiTaPa(関西私鉄)・はやかけん(福岡市交通局)・nimoca(西日本鉄道・函館市交通局)・SUGOCA(JR九州)

上記以外の独自規格ICカードを利用可能としていたエリアについては、徐々に上記カードの対応化、もしくは撤退傾向が強まっています。

 

ICカードも変革へ

登場から20年が経過する交通系ICカードですが、やや情勢が変動しつつあります。

富山ライトレール・富山地方鉄道では長らく「えこまいか」という独自規格のICカードのみ対応していましたが、2021年から上記のICカードに対応しました。

また広島でもこれまで広島電鉄が中心となって「PASPY」を運営していましたが、維持費が負担となりQRコード決済へ移行しました。

伊予鉄道は富山と同様に、従来の「い~カード」も対応する方策になるようですね。

 

松山社長のコメントでは

システム投資や毎年のランニングコストなど負担は大きいが、利便性向上 のために、導入を決めた。モバイル機能を使ってスマートフォンをタッチ するだけで乗り降り可能となるので、ぜひ皆さんにご利用頂きたい。

との言及があることから、カード読取機設置などの設備投資も行われるものとみられます。

 

関連リンク

【2021年版】交通系電子マネー発行枚数ランキング!PiTaPaが初の減少…

PASPY、2025年3月末までに廃止。アトムはICOCAに切替へ

【悲報】伊予鉄道「坊っちゃん列車」が全便運休へ

伊予鉄道が値上げを申請…初乗り20円増へ。新型郊外電車を30年ぶりに投入!

 

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



伊予鉄道カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO