【JR四国】高松駅の新駅ビル名を「TAKAMATSU ORNE」に決定!2024年3月開業予定

【JR四国】高松駅の新駅ビル名を「TAKAMATSU ORNE」に決定!2024年3月開業予定

JR四国は、現在高松駅横にて増築中の新しい駅ビルの名称を「TAKAMATSU ORNE」(タカマツオルネ)に決定したと発表しました。

開業は2024年3月を予定しているようです。

また、この駅ビルの開設とあわせて現在供用中の「COM高松」の名称も、「TAKAMATSU ORNE」に変更して統一するとのことです。

 

施設概要

施設名称:「TAKAMATSU ORNE」
所在地:香川県高松市浜ノ町8-1、8-3、8-4、7の一部、6-16
敷地面積:約5,200㎡
延床面積:約15,530㎡(商業棟:約10,070㎡、駐車場棟:約5,460㎡)
売場面積:約6,220㎡
建物構造:
商業棟(地上4階建て)鉄骨造
駐車場棟:(4層5段)鉄骨造
駐車台数:約165台
駐輪台数:約385台
運営会社:JR四国ステーション開発株式会社
開業:2024年3月(予定)
店舗数:約70店舗(予定)

 

名称

名称の由来については、以下のように記載があります。

西日本では「いる」という言葉を「おる」といい、四国でも「おるね」は広く使われている言葉(方言)です。
言葉の響きがやわらかく、どこか懐かしく、親しみやすく、四国らしいと感じてもらえることから「ORNE(オルネ)」の名称としました。
ロゴマークは、施設名称「ORNE」の頭文字である「O」と四国のシルエットを組み合わせ、四国のスケー
ル感を伝えながら、シンボリックで記憶に残りやすく、誰にでも親しみやすい柔らかいかたちとしました。

出典:四国旅客鉄道 1)

ダジャレかよ…

 

外観・内装

出典:四国旅客鉄道 1)

外観については昨年1月にて一足先に発表がありました。

形状は概ね踏襲していますが、屋上階の外装色が緑色に変化するなど、やや違いもみられます。

デザインコンセプトは「瀬戸内海の穏やかな海のゆらぎ」をイメージしたもの。既存の駅ビルと一体的なデザインとし、まるで最初からあったかのような調和ぶりです。

出典:四国旅客鉄道 1)

屋外広場は、新駅ビルを覆う340㎡の大屋根と、人工芝・ウッドデッキで構成されています。

これまでのモノトーン系のカラーリングに、今回木目の持つ温もりと活気をプラスされました。

ちなみに、左側・中央側にあるビルは同時に開発するかのようなデザインですが、2001年に開業した4代目の駅舎です。

2024年開業の新駅ビルとは20年近く歳の離れた妹分となりますが、ここまで自然な感じだと全くわかりませんね。

完成の際には、私もぜひ一度立ち寄りたいと思います。

 

関連リンク

【JR四国】高松駅の新駅ビルデザインを発表、2023年開業予定

参考文献

  1. 四国旅客鉄道「高松駅ビル 施設名称決定等のお知らせ

JR四国カテゴリの最新記事