阪神電鉄9000系編成表

阪神電鉄9000系編成表

阪神電気鉄道で使用される9000系電車の編成表です。

2023年現在、尼崎車庫において5本が配置されています。

所属車両基地:尼崎車庫
運用路線:本線神戸高速線阪神なんば線

 

6両編成

編成名 基本編成
←大阪梅田・大阪難波 | 高速神戸→
竣工 改造竣工 メーカー
9201F
9201
Tc1

9001
M’

9101
M

9102
M

9002
M’

9202
Tc2
1996.2.27 2008.4.10 川崎重工
9203F
9203
Tc1

9003
M’

9103
M

9104
M

9004
M’

9204
Tc2
1996.3.18 2008.6.23 川崎重工
9205F
9205
Tc1

9005
M’

9105
M

9106
M

9006
M’

9206
Tc2
1996.3.6 2008.9.30 川崎重工
9207F
9207
Tc1

9007
M’

9107
M

9108
M

9008
M’

9208
Tc2
1996.3.12 2008.12.29 川崎重工
9209F
9209
Tc1

9009
M’

9109
M

9110
M

9010
M’

9210
Tc2
1996.3.15 2009.3.4 川崎重工

編成略記号の解説 M…電動車 T…付随車 c…制御車(運転台がある)

 

ギャラリー

現在は1000系とあわせたオレンジ基調のカラーとなっていますが、以前は赤色ベースの色でした。

阪神なんば線開業に伴う近鉄乗り入れ工事が行われ、その際に連結器が近鉄と共通のものへ変更されました。

車体は阪神電鉄としては久しぶりとなるステンレス製ですが、これは阪神大震災で被災し廃車せざるを得なかった車両の補充用に迅速な車両製造が必要で、製造を担当した川崎重工業においてステンレス製車両の製造ラインがあいていたことが理由です。

被災した33両の補充分として、30両が当形式で、残る3両は8000系が充てられました。

 

 

関連リンク

 

編成表カテゴリの最新記事