JR北海道「キハ183系ラストラン」に21・22号車を増結へ

JR北海道「キハ183系ラストラン」に21・22号車を増結へ

2023年4月10日でラストランを迎える、JR北海道の現役最古参車両「キハ183系」。

この春の改正で現在は定期運行を終了し、ラストランイベントを控えるだけとなった同車ですが、そのラストランイベントが好評につき、1~2両を増結して運行するとの発表がありました!

 

対象列車

4月1日(土) キハ 183 系サロベツ(下り) / 指定席1両増結
4月2日(日) キハ 183 系サロベツ(上り) / 指定席1両増結
4月9日(日) キハ 183 系オホーツク(下り) / 指定席2両増結
4月10 日(月) キハ 183 系オホーツク(上り) / 指定席2両増結

追加される指定席は、2023年3月24日の11時から販売開始されるとのことです。

編成はこういった組成になります。

編成名基本編成
(←札幌 | 稚内→)
編成・座席運転日
サロベツ
1号車
指定席
(復刻塗装)

2号車
グリーン席
(復刻塗装)

増21号車
指定席

3号車
指定席

4号車
指定席

5号車
指定席
6両編成
全席指定
4/1,4/2
オホーツク
1号車
指定席

2号車
指定席

3号車
グリーン席

4号車
グリーン席

増21号車
指定席

増22号車
指定席

5号車
指定席
7両編成
全席指定
4/9,4/10

特に「オホーツク」は、増結前の中間車が全てグリーン車という、ある種狂気を感じる編成でしたね…笑

 

キハ183系について

キハ183系は、北海道向けに当時の国鉄が開発した極寒地向けの特急列車です。

 

出典:北海道旅客鉄道 2)

485系のような顔をした車両(0番台)の他、リゾート列車として「ニセコエクスプレス」「クリスタルエクスプレス」などの多様なジョイフルトレインも在籍しており、まさに北海道特急の顔でした。

現在は後期型かつ貫通タイプの顔で、N183系と通称される500番台・1500番台のみが残っています。

冒頭でも書いたように現在は定期運行を終了しており、残すは4日間のラストランイベントのみとなっています。

今回取り上げた列車以外にも、3月25日に「北斗(札幌→函館間)」が、26日に「ニセコ(函館→札幌間)」が運行される予定となっています。

 

関連リンク

【JR北海道】快速エアポート用の721系、2030年度までに全車更新へ

札幌へ行ってきました

参考文献

  1. 北海道旅客鉄道「キハ 183 系ラストラン運転 増結のお知らせ」、2023年3月22日
  2. 北海道旅客鉄道「キハ 183 系(初期型車両)記念入場券を発売します」、平成30年3月14日

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



JR北海道カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock