【近鉄】ダイヤ変更を実施。あをによし・ひのとり増発や烏丸線急行の時間変更など

【近鉄】ダイヤ変更を実施。あをによし・ひのとり増発や烏丸線急行の時間変更など

近畿日本鉄道は、2022年12月17日にダイヤ変更を行うと発表しました。

大きな目玉としては「あをによしの増発」「阪神直通の快速急行8連短縮」「京都・烏丸線直通の急行運行時間の変更」などが挙げられます。

詳しく見ていきましょう~!

 

あをによしの増発

今年からデビューした観光列車「あをによし」が、好評なのか早くも1往復増発するようです。

増発の対象となるのは京都・奈良の往復で、これまでよりも少し運行時刻を繰り下げて対応するようです。

【新ダイヤ】
大阪難波発  9:15
京都発奈良行き 11:00/13:00/14:40
奈良発京都行き 11:50/13:50/15:30
京都発大阪難波行き 16:20

【これまでのダイヤ】
大阪難波発 9:22
京都発奈良行き 11:20/13:20
奈良発京都行き 12:10/14:10
京都発大阪難波行き 15:20

 

 

阪神直通の快急が8連へ減車

阪神戦へ直通運転を行っている平日・夕方以降の快速急行について、連結・解放作業をなくすことにより神戸三宮~近鉄奈良間の所要時間が5分短縮される…とリリースでは書かれていますが、実際には10連から8連への減車です。

夕方以降、神戸三宮・奈良間の快速急行を 8 両編成で運転します。これにより尼崎での連結・解放作業がなくなるため、所要時間が5分程度短縮します。

出典:近畿日本鉄道 1)

ポジティブシンキング過ぎんか…?

ちなみに阪神線内は従来最大6両までとなっていましたが、2020年3月から8両編成に対応したことで全線通し8連が実現しています。

 

京都・烏丸線直通の急行運行時間の変更

出典:京都市営地下鉄時刻表

京都線における奈良から京都市営地下鉄烏丸線へ直通する急行列車の運行時間帯を、現在の平日データイムから平日朝夕時間帯へ変更します。

現在の直通急行は竹田駅基準で朝8時~15時頃まで、平日7本・休日9本程度運行していますが、これらが朝夕へとバラけることになります。

意外にも休日のほうが直通列車が多いのですが、通勤需要よりは観光需要を狙ったものだったのでしょうか。

 

奈良線ひのとりの増発

平日ダイヤにおいて、大和西大寺7時17分発の大阪難波行き特急「ひのとり」を一便増発します。

大和西大寺7:17

生駒7:27

鶴橋7:41

大阪難波7:47

 

その他

・京都線の一部特急が高の原に停車(京都行きのみ、9~12時台)
・名古屋線久居駅に特急が更に停車(朝夕1本づつ)
・一部特急の行先変更(宇治山田行きが五十鈴川行きに変更など)
・東花園発の大阪難波行きが8分終電繰り上げ(23:51→23:43発に)

それにしても慣例とはいえ、今回のような減便寄りのダイヤでも「改正」ではなく「変更」という呼称にしている点には好感が持てますね。

 

関連リンク

【阪神】ダイヤ改正で土日の快急を8両編成へ…尼崎切り離しをやめて4分短縮?

 

参考文献

  1. 近畿日本鉄道「2022年12月17日(土)ダイヤ変更について



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

近畿日本鉄道カテゴリの最新記事