【南海】2025年度に新型観光列車導入を検討中

【南海】2025年度に新型観光列車導入を検討中

南海電鉄は、2022年度の南海グループ統合報告書を発表しています。

この文中にて、高野線山岳区間向けの観光列車「天空」の代替車両を2025年度に導入することを検討している、との一文が記載されています。

高野線で運行している観光列車「天空」は、2009年のデビューから約13年、ベースとなる車両導入からは50年以上が経過し、老朽化が進んでいます。近年は他社でも多くの観光列車が導入され、各社ともサービス内容に工夫を凝らしていることから、「乗りたい電車」を目的としたお客さまのニーズも多数あると見ています。そのため、これまでの経験を踏まえて新たな魅力を追加することで、より「乗ってみたい」と思っていただけるような観光列車の導入を検討しています。現在、2025年度の導入を目標として、運転区間やサービス内容について検討を進めています。

出典:南海電鉄 1)

 

2000系が受け継ぐ?

出典:南海電鉄 2)

新型観光列車計画は、2022年4月に発表された事業計画書にて初めて登場しました。

この時のイメージリリースでは2000系、もしくは2300系を改造したかのようなデザインが描かれており、これまでの天空(2両編成)とは異なり4両編成であることも伺えます。

 

2300系は必要最低限しか本数がない一方で、2000系は運用に余裕がある(特急こうやの代走も行えるほど)ことや、4両編成であることからも2000系が有力です。

南海では機器故障時の冗長性確保のため、基本的に2両編成での運行はせず同じユニットをもう1つ繋げる(=4両編成)傾向があります。
2300系はそうならないよう2両編成でも運行できるシステムが組まれていますが、2000系は基本的に4連以上でしか運行されません。

 

「天空」も同じく2000系の先輩である22000系ズームカーを改造した車両であり、同じ系譜をたどる後輩もそうなる可能性は十二分に考えられます。

 

関連リンク

【南海】新型「天空」登場?新中期経営計画を発表

参考文献

  1. 南海電鉄「南海グループ 統合報告書 2022
  2. 南海電鉄『新中期経営計画「共創 140 計画」について



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

南海電鉄カテゴリの最新記事