ちはやぶる 神代もきかず 「竜田川」…駅に行ってきました

ちはやぶる 神代もきかず 「竜田川」…駅に行ってきました

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

 からくれなゐに 水くくるとは…

有名なこの詩は、「小倉百人一首」という日本人が作った歌集に収録されたもの。

今どきっぽく言うと、日本の有名歌手の歌を集めたコンピレーションアルバムです。

詩を作ったのは「在原業平」というイケメンで、付き合った女性は3733人にも上るそうです。

 

閑話休題。

この詠まれた「竜田川」って、実は今でも奈良に実在してるんです。さすがは歴史の都、なんでもあるな…

ということで、今日は近鉄の竜田川駅に行ってきました。

 

 

からくれゐな風景

こちらが竜田川。生駒から平郡町を南下して斑鳩(王寺あたりのこと)の大和川に合流する川です。

この日は生憎曇りだったので微妙な写真ですが、晴れると綺麗な風景なんでしょうねぇ。

紅葉の名所としても名高く、流石詩に詠まれただけあるな…と思わせてくれるスポットです。

 

からくれゐな…駅

そして、こちらが竜田川駅入口。思いの外小さくてびっくりしました

入口は民家と小さい生活道路の間にひょこっとあるので、全然気づきません

ホームは単線の1面1線式です。

竜田川の北側を見ると、複線用地を確保しているかのようなスペースがあります。

調べてみると、どうも生駒線は全体的に複線用地を確保しているのだそうで、乗客減でその需要がないから準備だけしている…ようです。

これが竜田川か…!!」と、駅名標を撮りながらちょっとテンションが上ってきました

周辺を散策していると、オーソドックスな赤い近鉄電車がやってきました。

竜田川を通るのは生駒線という支線で、生駒と王寺を往復しています。

支線ではありますが毎時4本が確保され、電車も4両編成とそれなりの規模で運行されており、生駒・斑鳩地域の足としてなくてはならない存在です。

 

 

関連リンク

【近鉄】「生駒隧道」を商標申請。旧トンネルに動き?

日本初のケーブルカー、「生駒ケーブル」に乗ってきました



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

近畿日本鉄道カテゴリの最新記事